FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

関ヶ原合戦における茶々の人質統制役割?

田端泰子先生の『日本中世の村落・女性・社会』を読んでのつぶやきです。

「『大坂夏・冬の陣』に収斂される淀殿の役割」が再録されていましたのでチェックしましたが、内容についてはあまり変わっていなかったと思います。
あと、その前後の「豊臣政権の人質・人質政策と北政所」、「春日局に見る乳母役割の変質」も読みました。
あとは田端先生の『北政所おね』の記事などを巡って下のつぶやきが書かれております。
日本中世の村落・女性・社会日本中世の村落・女性・社会
田端 泰子

吉川弘文館 2011-01
売り上げランキング : 763085

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
北政所おね―大坂の事は、ことの葉もなし (ミネルヴァ日本評伝選)北政所おね―大坂の事は、ことの葉もなし (ミネルヴァ日本評伝選)
田端 泰子

ミネルヴァ書房 2007-08
売り上げランキング : 281983

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

田端先生はいろいろなところで関ヶ原合戦以前は寧が人質統制の役割を担っていたが、合戦の際は茶々が人質統制の経験がなかったために人質政策がうまくいかなかった、といわれているけれど、当時茶々は人質を統制する立場になかったのではないでしょうか。

posted at 22:10:54

むしろ、本丸に人質を集めるつもりであったのならば、茶々と秀頼も、旗頭として本丸に身柄を抑えられていた状態だったのではと思います。大津城攻防戦で茶々の使者饗庭局がなかなか動けなかったのも、孝蔵主のほうが自由に城に出入りできる立場だったからでは。

posted at 22:12:27

結局、大津城講和も、大津城開城が高次に西軍へ降服勧告するのと同義だったから、饗庭局は茶々姫の使者として動くことができたのはないかと思います。

posted at 22:14:05

茶々に人質をまとめる力がなかったから、と言われているけれど、どちらにも積極的に味方していない茶々が、西軍方にとってそもそも人質をまとめる立場だったのかというのがものすごく疑問。

posted at 22:15:27


たとえば、大坂の陣では、人質の一人であった明石全登の娘レジイナを可愛がり、婚礼の面倒を見るつもりだったという下りは先日紹介したとおりです。
そして、寧との交流断絶が否定されつつある昨今、寧やその女中に拠るアドバイスなどがなかった前提も崩されるべきでしょう。茶々姫の人質統制役割という点では、様々な視点より見直しが進められることを願います。
スポンサーサイト



| ∟つぶやきまとめ | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://chachahimeblog.blog.fc2.com/tb.php/976-f265e156

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT