fc2ブログ

茶々姫をたどる汐路にて

茶々姫研究日記(こちらが現行版になります)

RSS     Archives
 

第十一話「猿の人質」【大河ドラマ感想】

 
感想を書いた紙をなくしてしまい、もう一度見直しました。
初見の感想ではないのでご了承ください。

なにはともあれ、「人質」とは誰にとっての人質なのでしょうか。
茶々のこと?でも、誰にとっての人質?江にとって????
…と頭にハテナがいっぱいですが、大した問題でもないと思うので進めます。

前回の感想で北庄城爆発について書きましたが、地味に(?)爆発していたんですね。
すみません、気が付きませんでした…

①三姉妹の行先

北庄城から脱出した後、ドラマでは秀吉の本陣へ送り届けられています。
秀吉の本陣は「村井重頼覚書」によると愛宕山とのこと。醍醐の花見と同じ史料ですが、この戦いには前田利家が参戦していますので、信用してよいのではないかと思います。当時は分かりませんが、現在は越前市にある高さ103mの山だそうです。
それから、安土城に入って京極龍子(龍)に会いますが、安土城で龍の保護下にあったという説は、時代考証の小和田先生の説です(『戦国三姉妹物語』)。

1- 一乗谷へ逃れた後、秀吉によって安土城へ送り届けられる(『柳営婦女伝系』)
2- 「遥の谷」へ逃れた後、秀吉によっ安土城へ送り届けられる(『玉輿記』)
3- 越前大野へ逃れた後、秀吉によって迎えられる(『新撰豊臣実録』)
4- 京にいた京極龍に預けられる(「京極家年表」/小和田哲男『浅井三姉妹物語』、『常高院殿』)
5- 織田有楽斎に預けられる(「広瀬曾市氏所蔵文書」/桑田忠親『淀君』)
6- 織田信包に預けられる(新書太閤記)
7- 山崎城にて秀吉の庇護をうける(楠戸義昭『お江』)
8- 小谷城下実宰院にて叔母見久昌安尼の庇護をうける

この頃、秀吉が山崎城に拠点を置いていたことから楠戸氏は三姉妹の居所を山崎城と推測されました。
しかし、この頃勝家と結んだ信長の三男信孝は自刃させられますが、次男信雄は健在でした。信雄が秀吉と講和を結ぶ小牧・長久手合戦までは三姉妹の身柄は織田家縁の人間と考えられていたとされ(宮本義己氏はそもそも三姉妹の身柄が秀吉ではなく織田家の管理下にあったとされています)、一次史料ではないながらも安土城に身柄を移されたという説は妥当なものであろうと推測されています。

保護者については、ドラマに登場した京極龍のほかに、信長の弟織田有楽斎が挙げられています。これは、天正十八年の有楽斎宛千利休書状がその根拠です。手紙の内容は、「淀で御茶しましょう」という内容なのですが、有楽斎が常に淀城にいたかどうかまでは分からないこと、また天正十八年の文書なので、今回のドラマ内(天正十一年)まで遡ることは難しいことから、近年では疑問視されています。
織田信包については、これも小谷落城時に信包に預けられたであろうという『浅井三代記』や『総見記』の説によるものでしょう。近年宮本氏などによって小谷落城後に市と三姉妹が伊勢安濃津や上野などで預かられた説が否定されていますが、信包は大坂城時代にも茶々姫を支える存在の一人ですので、どこかで関わっている可能性は充分にあると思います。

ちなみに、この時龍が安土城にいたかどうかはわかりません。三姉妹が安土城に預けられたという史料から、保護した龍も安土城にいたのだろうということなのだと思います。ドラマ上では本人が「京極龍子」と名乗っていましたが、当時の女性の名前を鑑みて、「たつ」と名乗っていたのでしょう。後世、「子」が付されて系図に残されると言ったことはよくあり、初も「初」→「初子」、江も「督(ゴウ)」→「督(トク)」→「徳」→「徳子」と記されていますが、本名と異なることはご承知の通りです。ちなみに、龍は「龍子(竜子)」「辰子」という名で残っています。

そして、茶々の台詞で登場した「京極マリア」(長政の姉)ですが、これも当時「京極マリア」と名乗ったり呼ばれたりしたことはなかったと思います。ただ、彼女の本名が残っておらず(以前「慶」という名前がwikipediaに載っていましたが、これは渋谷美枝子氏が戒名〔養福院殿法山寿大禅定尼〕から推測した名前だと思われます。そして、今もう一度wikipediaを確認したところ、「福」という名前になっていましたが、これも戒名〔養院殿法山寿慶大禅定尼〕から推測したものでしょう)、残っている数少ない史料がキリスト教の史料であり、そこで彼女が「京極マリア」と書かれているために、現在ではその名前が一般的に使われています。あと、良く指摘されることですが当時は夫婦別姓ですので、いかなキリスト教徒であろうとも「京極マリア」と名乗ったり呼ばれたりすることはなかったようです。その京極マリアですが、安土で授洗し、京や大坂で布教活動に努めたと言われます。そのため、聚楽第→大坂城西の丸と居所を変えた龍と行動を共にしたと言われます。常に龍と生活を共にしていたかどうかまでは分かりませんが、秀吉の庇護をうける龍の傍にいたであろうと思われ、年若い龍よりもマリアのほうが三姉妹の保護者的存在だったのかもしれません。三姉妹を扱うならば、龍と一緒にぜひ出していただきたかった。

浅井家縁の庇護者候補として長政とマリアの長姉、昌安見久尼を挙げましたが、これは実宰院の寺伝によるものです。ただ、寺の伝承では小谷落城の際、三姉妹を保護したという内容になっています。ただ、小谷落城の後は市と共に織田家へ帰ったことが通説になっていますので、実は市も亡くなった北庄落城後のことではないかとも言われます。実宰院には茶々姫が作らせた昌安見久尼の木像があり、また秀吉の朱印状も存在し、更に寺院の跡目について秀吉が口出ししていることなどから実宰院が三姉妹とゆかりの深い寺院であることは間違いなく、小谷落城もしくは北庄落城に何らかの形でかかわっているだろうことが察せられます。寺伝に市の姿が見えないことから、小谷落城時、姉妹をまず見久尼に預け、市がまず織田家へ降って信長に娘たちの安全を保障させ、織田家で母子揃って引き取られた、もしくは、北庄落城後すぐに秀吉は加賀平定へ向かったとのことですので、とりあえず決戦地であった賤が岳からも近い実宰院に預け、改めて安土城へ引き取ったかのどちらかでしょうか。

なにはともあれ、このあたりについて書かれているどれもが一次史料ではないので、はっきりしたことは何とも言えないのが実情です。

②秀吉が茶々を傍に置いたわけ

前回、市の遺言で折角「一番長政に似ている」と言われたのに、今回結局市に似ているからという理由で秀吉に一目ぼれされてしまった茶々ですが、秀吉が茶々に目を付けたのはそれが理由だったのでしょうか。
やはり人柄が秀吉の好みだったのではないかなーなんて、思います。龍と茶々を比べると、どちらも実家や親族を一身に背負っていて、責任感の強い長女タイプです。お寧さんもどちらかというと守ってもらうタイプではなさそうです。これが原因で後の世に個性派ぞろいとか言われてしまうわけですが…。あくまで私の想像ですが、当時の事情を横に置いて「貴種好み」とか、「市の面影」とかよりもよっぽど私にとっては納得できる妻たちの共通点だったりします。

ドラマ内では、「絶対に許すことはない」と言われてしまった秀吉ですが、実際はどうだったのでしょう。親の仇であることは間違いないのですが、勝家や市がくれぐれも秀吉に三姉妹を頼んでいることから、三姉妹にも秀吉への恨みつらみなどは離さなかったのではないでしょうか。
結局、秀吉の最期までには茶々は妻となり、初は個人的に所領が与えられるほどに頼みとされ、江は娘となって徳川と豊臣のかすがいとして嫁ぐわけですから…

③「我ら姉妹はこの世に三人きりとなったのじゃ」 ~今週の茶々姫 其の壱

辛い台詞ではありますが、これは本当に茶々姫が感じていたことなのでしょう。
もしくは、この時からじわじわと思い知らされることになったのかもしれません。
毎回引用していますが、「我々はかばかしき親にも持ち候ははず、談合申候はん相手も候はぬに…」です。

④「案ずるでない、そなたたちはこの私が守る故ゆえな」 ~今週の茶々姫 其の弐

散々例に出している映画『天涯の貴妃』でも、北庄から妹たちをかばって脱出する茶々姫や、大坂落城時に侍女たちを逃がす茶々姫に涙腺崩壊した私ですが、とりあえず茶々姫が何かを守ろうとするシーンにめっぽう弱いらしいことが今回再確認できました(苦笑)
色々なドラマの茶々姫をご覧の方には実はこの台詞にも元ネタらしきものがありまして、『渓心院文』では、

「御姫様方(茶々・初・江)は、羽柴殿(が)御受取り(の)まま、ご秘蔵にて、御姉様へ御使いにて、御主とご一緒にならせられ候様にとの御事に候えども、御十三(十五歳)にても御智恵良く、ご内証無沙汰の様子、お聞き及びも御座候ゆえ、ご返事に斯様に御親様なしになりまいらせられ、お頼みなされ候うえは、如何様ともお指図次第なら、先ず御妹様方を御在り付けまし給わり候へ。そのうえにて、御主様の御事はともかくもと給わられ(候ヵ)を御喜び、急ぎ常高院様は、御筋目も御座候ゆえ、京極宰相高次様へ御遣りまし給わり候」
(姉妹は、羽柴秀吉が身柄を受け取り、大切にしていた。そのうち茶々へ遣いが来て、秀吉と一緒に暮らすようにとのことであった。しかし茶々は十五歳ながら賢く、まだこの話が正式に決まっていないことを聞いていた。秀吉が親代わりとなった以上、どのような指図にも従わなければならないというのならば、まずは妹たちの縁辺を調えてください。その上できちんと御返事をさせていただきたいと伝えると、秀吉は喜んで、早速初については筋目も整っているので、京極高次へ嫁がせることにした。)

今回は『誰も知らなかった江』の釈文を引用し、訳を参考にしました。他に『常高院殿』にも同じ個所が引用されているのですが、釈文が所々違ったりしています。違う写本なのでしょうか。良くわかりません。
なぜ長幼の順のとおりではなく、江、初の順に嫁がせたのかということが長い間疑問に思われていたのですが、初の侍女縁の『渓心院文』ではそれが茶々姫の意思であったと伝えています。
そして、早速嫁がせたのが初であるというところも、通説とは違いますね。『江の生涯』で福田先生が江が実際に佐治一成に嫁がず婚約に終わったと仰られていますが、それと通じるものがあります。そして、「筋目」という言葉。『誰も知らなかった江』では「家柄や血統」と解釈されていますが、私はやはりもともと信長によって考えられていた結婚なのではないかなと思います。その辺りがこの「筋目」という言葉に表れているのではないでしょうか。

⑤寧と龍

寧と龍の関係は、桑田忠親先生の頃から何故かかなり仲良しな解釈をされています。醍醐の花見の仲裁でさえ、龍が寧に代わって出しゃばりな茶々姫にぎゃふんと言わせた話になっていたり、仲裁した寧も龍の味方だったなんて展開にされてしまうことが往々にあります。
根拠は、関ヶ原合戦の折、寧の侍女(孝蔵主)が龍を救出したこと(龍の救出は寧の指揮の元茶々姫の共同で行ったものです。)、そして秀吉の死後湯立などを一緒に奉納していることくらいなのですが…。これはご近所に住んでいたのですから、交流がないほうが不思議です。
そもそも、一番の理由は茶々姫で、茶々姫を敵に回して二人が手を携えていたに違いないという解釈から来ています。そして、秀吉死後の茶々姫と二人の交流がないことが前提となっているようにも思います。これは、前回の記事に通じますので、よろしければご一読ください。
仲が悪かったと言いたいわけでは決してありません。特別ベタベタしていたわけでもないし、特別ドロドロしていた訳でもないだろう、と思うだけです。

でも、「秀吉の功績の陰にお寧さんあり」というのは、それは私も本当だと思います。

龍子の部屋(←リンクしてみました。ご覧になっていない方は是非)

公式サイトを見てびっくりしました。良いのか、NHK!
いや、私はそういうの大好きですけれども!
思っていたキャラクターとちょっと違うけれども、今大河の龍子さん、かなり素敵です(笑)

⑥予告 ~今週の(来週の?)茶々姫 其の参

初見から、今までで一番リピートしまくりました…
いいですねえ宮沢茶々様の打ち掛け姿…うっとりしました。美しい。
次回を見るのがずっと楽しみでした。
これを書いていなかったので見れませんでしたが(汗)

意外に時間がかかりました。火曜日の講演までに一通り見ておかなくては…
スポンサーサイト



Comment

1. 恨み-1

浅井長政自刃の時の、市にとっての憎むべき相手とは、もしかしたら信長であったりかなとも。
浅井家については謎ばかりですので、浅井家の離反についてもほんとうのところがわかりませんが、私は久政による単独離反説(それなりの独立した家臣を持ち、さらには家内での発言権もあった)なのですが、その場合であれば、うらんだのは義父の久政であったかも。
また、聡明であることを前提とすると、『戦国の世』そのものをうらんだというケースも考えられるかなと。
織田家の内情を知っている市であれば、藤吉郎には浅井攻の責任もなければ、その命令を断れる立場にないことも理解し、むしろ強襲をしなかったことに対する感謝すらあったのかもと、そんな感じに思っています。
柴田勝家に嫁いだことについて、本人の意思という照明は難しく、普通に織田家の総意という形で、信孝に指示されてのものであったと私は思います。女性が自身の意思で嫁ぎ先を決めるということが、この時だけおこなわれたとは思えないですし、長政と睦まじかったのであれば、本人としては落飾して尼として生きたかったという可能性もあります。
ここで、尼になっていないことから、少しばかり長政に対する恨みがあったのかなと、そんなことも思います。
秀吉斡旋説については、秀吉が勝家を懐柔しようとしたのか、それとも信孝派としてより結束を固め、決起させることを目論んだのかと、いろいろ考えてしまいますが、よくわかりません。
ともかく、どちらにしても市の意思で勝家のもとに向かったわけではないと思いますし、その後も勝家と幸せであったかは、私には不明としか思えなかったりします。

2011.04.10 | こんすこん[URL] | Edit

2. 恨み-2

万一、勝家との婚儀を好ましいと思っていない場合ですが、勝家と市が死をともにしたことを考えると、3姉妹がうらんだのは、勝家だったのかなと、そんな推測もできてしまいます。
たとえ市がともに死にたいと言っても、私であれば、大切な人であれば、家臣に命じて落とします。
今と昔では、価値観の違いがありますので、私の感想はまあ意味を持ちえませんが、娘たちとしては、母をあの世へ連れて行ったのは、秀吉ではなくて勝家だったと、そう思っても不思議はないように感じます。
勝家を憎んだとした場合は、頼る者のない3姉妹を、暖かく迎えた秀吉に、それなりに好意を感じるかも知れませんし、長女として、妹たちのことを思った結果、秀吉の懐に茶々が納得して飛び込むということもありえるかなと思えてしまいます。

私は、三姉妹も市も、秀吉をさほどには恨んでいなかったと、そう結論付けているのですが、こればかりは何が正しいかはわかりませんね。
ただ、三姉妹の立場からは、勝家こそが母を殺した男と、そう思えてならないように感じるのです。
勝家と市が仲良しで、姉妹がなついていたという史料って、あるんでしょうか。

2011.04.10 | こんすこん[URL] | Edit

3. Re:恨み-1

>こんすこんさん

コメントありがとうございます。

正直市が何を思っていたかまでは私に知るすべはありませんが、久政については従来言われているような人間であったのだろうかと疑問に思うところがあります。
確かに、家臣も発言権も持っていたようですが、久政の独断が通るならば重臣たちによる長政への家督譲渡は行われなかったように思うのです。それでなくとも、やはり浅井家の主は長政でしたから、長政も納得した上での織田家への対応だったと私は思います。六角氏への臣従を良しとしなかった長政ですので、織田家からの家臣ばりの扱いに不満を持ってもおかしくないように感じます。

市が信長に恨みを抱いていたかどうかもなんとも言えませんが、そうであったとしても浅井家滅亡後、市や三姉妹の生活費は信長の厄介になっていた(『渓心院文』)という文章もありますし、その辺りは複雑だったでしょうね…。ただ、犬など姉妹のことを考えると、自分の意思というよりもやはり尼になることを許されなかったのだろうと思います。それでもあまりに長い間再婚していない(三十六歳ってかなり晩婚ですよね…再婚させるつもりならもっと早くさせられているほうが自然なのに)ので、本当はどこか大名へ嫁がせるつもりが信長にあったのかもしれませんが、それは市が納得しなかったために家臣の中で再婚させようと思ったのかもしれません。信長の生前から勝家へ嫁がせる話があったということですので、これも生前は市が了承しなかったものを、庇護者である信長の死で信孝の庇護を受ける訳にもいかず、タイミング的に了承せざるを得なくなったとも考えられます。

2011.04.10 | 紀伊@赤石いとこ[URL] | Edit

4. Re:恨み-2

>こんすこんさん

勝家との生活についても仰る通りで、市がどう思い生活していたかが分かる一次史料はおろか二次史料すらありませんので、想像するしかありません。
ただ、勝家が織田家の旧臣であったことから以前から顔見知りであり憎からず思っていたのではと推測される方もいらっしゃいますし、やはり最期、落ちのびるように言われたにもかかわらず勝家と共に自刃したことから、これまた憎からず思っていたのではと推測される方もいらっしゃいます。
ただ市が自害した理由については、二次史料ですが「小谷に続いて今回も」という思いが強かったようですので、勝家云々よりも信長の横死を含めて、仰る通り世の中が嫌になったようにも思えます。他の大名家へ嫁がされるのも、小谷のことを考えれば嫌だったのに、家臣に嫁いでも同じ結末なのか…と(ただ、その場合娘の立場からすればそんな勝手な…と思ってしまいますが…)。

娘たちが勝家をどう思っていたか、これもまた仰る通り史料はありません。市が嫁いだことで当然のように第二の父のように描かれますが、これは福田先生が仰る通り特別勝家と養子関係を結ばない限りそれはなかったのでしょう。ただ、茶々姫が伏見城時代に勝家の十三回忌法要をしており、その記録が浅井家の霊簿に載っておりますので、全くの他人であると思っていたようには私は思っていません。特別に恨んでいたならば、特に親子関係にない勝家の供養をする必要はないわけですし…

2011.04.10 | 紀伊@赤石いとこ[URL] | Edit

5. Re:恨み-3

>こんすこんさん

秀吉に対しては、私もただ秀吉にだけ特別憎悪を抱いていたとは思いません。
茶々姫が秀吉のもとへ嫁いだことも、三の丸や前田摩阿のように、いったん秀吉の妻妾となることで秀吉が後ろ盾になるつもりだったのかな、と考えたこともあります。茶々姫も、妹たちを始め一族や旧臣たちのこともありますから、それを了承した上でのことではないかと…
少なくとも、ドラマのように秀吉の下品な思惑だけで事が進んだとは思いません。
だから、鶴松や秀頼が生まれたことは、二人とも本当に驚いたことだろうと思います。
秀吉も、茶々姫は我が子の母だからというだけでなく、茶々姫あての手紙からは本当に茶々姫を大切にしていたのだなと察せられ、秀吉の死後、茶々姫は秀吉の方針や法律、遺志を大切にしていたように見えますので、きっかけはどうあれ、他の妻妾と比べるなんて野暮な真似は到底できませんが、夫婦仲はやはり悪くなかったんだろうなあと思います。

一つ言えることは、昔の人でも私たちが簡単に想像できるほど単純ではなかろうということです。
嫌い、憎い=一生嫌い抜く、憎み抜くということでしたら世の中に「和解」なんて言葉はないでしょうし、最初好ましく思っていたからと言って最後まで友好関係かというとそんなことはない、私が常々思っているのはこの一点です。

あまり答えになっていない+想像ばかりで申し訳ないです。

2011.04.10 | 紀伊@赤石いとこ[URL] | Edit

6. 広瀬曾市氏所蔵文書

佐治を調べている者です。
ていうかヨクローです。お久しぶりです。
教えていただきたいのですが、
広瀬曾市氏所蔵文書とはどのような文書ですか?一次資料でしょうか?できれば閲覧したいのですが・・・

2011.07.20 | ヨクロー[URL] | Edit

7. Re:広瀬曾市氏所蔵文書

>ヨクローさん

こちらこそご無沙汰いたしております。

「広瀬曾市氏所蔵文書」については、記事の通り桑田忠親氏の『淀君』、及び『定本千利休の書簡』という本に記載があり、それを受けて福田千鶴先生が『淀殿』で文書を引用され、その内容について分析・批判をされています。

私もこれらの書籍を通じてしかこの書状について見たことがありません。
お役に立てず申し訳ないです…

2011.07.21 | 紀伊@赤石いとこ[URL] | Edit

8. Re:Re:広瀬曾市氏所蔵文書

>紀伊@赤石いとこさん

ありがとうございます。

2011.07.22 | ヨクロー[URL] | Edit

    
プロフィール

紀伊

Author:紀伊
茶々姫(浅井長政の娘、豊臣秀頼の母)を中心に、侍女、ご先祖の浅井家女性(祖母井口阿古など)、茶々の侍女やその子孫、養女羽柴完子とその子孫を追いかけています。
ちょこっとものを書かせていただいたり、お話しさせていただくことも。





月別アーカイブ

フリーエリア

メモ「赤石いとこ」名義で記事を書かせていただきました。

悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ) 悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ)(2009/06/06)
…改めて石田三成と茶々姫の“不義”を否定する記事を書かせていただきました。


メモ 参考資料としてご紹介いただきました。

めのとめのと
…茶々の乳母大蔵卿局を主人公描く歴史小説。茶々の祖母阿古の活躍も見どころ。
千姫 おんなの城 (PHP文芸文庫)千姫 おんなの城
…千の生涯を描いた作品。千が見た茶々をはじめとする人々の生き様、敗者が着せられた悪名が描かれる。


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR