fc2ブログ

茶々姫をたどる汐路にて

茶々姫研究日記(こちらが現行版になります)

RSS     Archives
 

茶々姫の立場と呼称①(~慶長三年まで)

 
秀吉の没する慶長三年までの茶々姫の呼称等を今年表でチェックしている範囲でまとめてみました。

色分けは、
 オレンジが本名に由来する呼称
 赤が茶々姫の身分に関わると思われる呼称
 青が茶々姫の居所等に関わると思われる呼称(号)
 緑が茶々姫の実家に関わる呼称
 紫が子どもたちとの関係に関わる呼称
です。

福田千鶴先生は茶々姫が最初から秀吉の妻として近侍したとの見解をお持ちですが、やはり秀吉自身が茶々姫を「女房衆」と言っている(しかも小田原合戦のあたりまで)ので、最初は女房衆として秀吉に仕えたのではないかと私は思います。

しかし、鶴松が生まれて以降、豊臣家に近しかったと思われる人たちの記録には、茶々姫を「御上」や「上様」と記す様子が見えますので、茶々姫はやはり鶴松を身ごもってから、扱いは女房衆と一線を画するものを受けていたのでしょう。

その後、住居に由来する呼称などとともに、既に使われていた「御上様」のほか、「北の御方」「北政所」「御台様」などという呼称が出てきます。
しかも、「北政所」、「御台様」が初めて見えるのは鶴松の没後ですから、茶々姫の地位が鶴松の存在によるものだけではなく、やはり小田原在陣を境に盤石になっているように感じます。福田先生の仰る「小田原での功績」というのは確かに大きかったのかもしれません。

秀頼関係の音信から、茶々姫は鶴松や秀頼の幼いころ、「かかさま」と呼ばれていたらしいことが分かります。
しかし、秀吉がその頃の茶々姫に宛てた名は「かかさま」ではなく「御袋様」。
御袋様」は秀頼の生母を示す公的な呼称といった性質があるようです。
今回は秀吉の没した慶長三年までをまとめたので出てきませんでしたが、『兼見卿記』では茶々姫が普段「御上様」と呼ばれていたことを記しています。
公的には秀頼の生母である茶々姫は「御袋様」と記されていることが多いですが、実際は茶々姫自身を敬って「御上様」と呼ばれ続けていたようです。この「御上様」は茶々姫が鶴松を身ごもったころから使われ続けている呼称で、実は生涯を通して日常に使われていた呼称なのではないでしょうか。


  • 天正十三年
    一月十八日:「ちゃちゃ方」?(兼見卿記)

  • 天正十四年
    十月一日:「茶々御方」?(言経卿記)

  • 天正十七年
    五月二十七日:「淀の女房衆」(お湯殿の上の日記、言経卿記)
    五月二十七日:「淀ノ御内」(多聞院日記)
    五月二十七日:「淀ノ御上」(鹿苑日録)
    五月三十日:「御ふくろ」(お湯殿の上の日記)
    八月二十二日:「淀之上様」(北野社家日記)


  • 天正十八年
    二月九日:「殿下若公御母儀」(言経卿記)
    四月十三日:「よとの物(淀の者)」(五さ〔寧侍女〕宛秀吉音信/妙法院文書)
    五月:「北の御方」(太閤さま軍記のうち)
  • 五月七日:「淀之女房衆」(吉川広家宛秀吉朱印状/吉川家文書)
    五月下旬頃:「大さか殿(大坂殿)」(寧宛秀吉音信/篠崎文書)
    七月十日:「女房衆」(小早川隆景・吉川広家宛秀吉朱印状/吉川家文書)
    七月十二日:「よとの五(淀の御)」(寧宛秀吉音信/箱根神社文書)
    七月十四日:「御上様」(小早川隆景・吉川広家宛長束正家書状/吉川家文書)
    八月上旬:「おちゃゝ」(茶々姫宛秀吉音信/水野文書)
    八月上旬:「両人の御かゝさま」(鶴松宛秀吉音信/寺村文書)
    八月十六日:「御ふくろ」(お湯殿の上の日記)
    九月:「若君様御袋様」(櫻井文書)

  • 天正二十・文禄元年
    三月二十六日:「北政所」(太閤さま軍記のうち)
    四月二十五日:「よとの御前様(淀の御前様)」、「御台様」(平塚瀧俊書状)

  • 文禄二年
    五月二十二日:「にのまる殿(二の丸殿)」(寧宛秀吉音信/米沢文書)
    七月十三日:「大坂御袋」(時慶記)
    七月十六日:「御袋」(時慶記)
    八月三日:「浅井氏女」(時慶記)
    八月三日:「にのまる殿(二の丸殿)」(寧宛秀吉音信/山県公爵家文書)
    閏九月十二日:「二丸様」(駒井日記)
    十月四日:「二丸様」(駒井日記)
    十月二十五日:「おちゃ/\」(茶々姫あて秀吉音信/大橋文書)
    十二月九日:「二丸様」(駒井日記)
    十二月二十六日:「同(御拾様)御袋様」(駒井日記)


  • 文禄三年
    一月二十日:「若公御袋」(兼見卿記)
    一月二十九日:「同(「御ひろひ様」)御袋様」(駒井日記)
    二月四日:「二丸様」(駒井日記)
    二月五日:「二丸様」(駒井日記)
    二月十三日:「二丸様」(駒井日記)
    四月十七日:「二丸様」(駒井日記)
    四月二十一日:「御うへ様(御上様)」(駒井日記)
    四月二十二日:「二丸様」(駒井日記)
    四月二十八日:「御ひろひ様御袋様」(駒井日記)


  • 文禄四年
    三月一日:「御ひろいさまの御袋さま」(大阪城天守閣所蔵中大路甚介宛前田玄以文書)
    五月五日:「おかゝさま」(拾丸宛秀吉音信/前田侯爵家文書)


  • 文禄五・慶長元年
    一月十三日:「伏見」(義演准后日記)
    十二月二日:「御かゝさま」(秀頼宛秀吉音信/安田文書)
    十二月八日:「御ふくろさま」(茶々姫あて秀吉音信/原文書)

  • 秀吉の没する慶長三年まで
  • 慶長二年
    一月十五日:「秀頼御袋」(義演准后日記)
    三月二日:「御袋」(義演准后日記)
    三月二十日:「太閤御所ノ北御方」(義演准后日記)
    三月二十一日:「前関白秀吉公之北御方 江州浅井備前守御息女」(続宝簡集)
    四月二十日:「御上様」(生駒家宝簡集)
    五月十九日:「北政所」?(義演准后日記)
    九月六日:「秀頼御袋」(義演准后日記)
    九月二十四日:「北政所様」(鹿苑日録)
    十月二十六日:「秀頼公之御母儀」(鹿苑日録)
    十二月十二日:「北政所殿」?(鹿苑日録)


  • 慶長三年
    一月十三日:「秀頼御袋」(義演准后日記)
    三月十五日:「にしの丸さま(西丸様)」(太閤さま軍記のうち)
    四月七日:「秀頼御所御袋」(義演准后日記)
    四月二十四日:「御袋」(義演准后日記)
    五月十八日:「秀頼御袋」(義演准后日記)
    五月二十日:「御かゝ」、「かゝさま」(秀頼宛秀吉音信/大阪市役所文書)
    六月八日:「御袋」(義演准后日記)
    七月十一日:「御袋」(義演准后日記)



    十二月三十日:「御台所」(義演准后日記)
    この年:「浅井備前守長政女」(白鬚大明神縁起絵巻・本殿棟札)
  • スポンサーサイト



    Comment

    1. 無題

    初めまして
    はじめてコメントします。

    私は今小林千草著「淀殿戦国を終焉させた女」を読んでいます。
    そのなかで、天正十八年四月十三日に小田原から北の政所に宛てた消息に、茶々のことを「淀の者」と「者」待遇、つまり、侍女待遇している、と書かれていました。秀吉は織田家の血をひく茶々を侍女扱いできたのでしょうか。


    2011.08.08 | 秋草[URL] | Edit

    2. Re:無題

    >秋草さん

    その時点では確かに、秀吉が茶々を対外的にまだ女房衆(御手付き女中さん含む)として扱っていると私も思います。
    女房衆・侍女と言っても、最高の家格出身で最愛の「側室」と言われている京極龍さんも女房衆出身です。
    「使用人」という言い方がとても衝撃的ではありますが、妻ではなく女房衆としての扱いを受けているというレベルで同意します。

    茶々は確かに織田家の血を引く貴種ですが、同時に小谷の落人でもあり北庄の落人でもあります。身柄を受け取った秀吉に仕えるということがあったという可能性を私は否定しません。

    ただ小田原合戦の後、秀吉も茶々を侍女扱いしなくなっていきますので、その辺りの茶々の立場の変容というのはとても重要な視点なのかなと考えています。

    2011.08.14 | 紀伊@赤石いとこ[URL] | Edit

    3. 無題

    ご教授ありがとうございます。

    京極龍子も女房衆だったんですね。はじめて知りました。
    小田原陣のあと、茶々の呼び方が「淀の御」と変わりますが、龍子も変化したのでしょうか。

    また、呼び方が変化した理由に「危ない戦場で秀吉のお世話をしっかりこなせたから。」と小林氏は書いてありましたが、どうなのでしょうか。
    茶々や龍子が名古屋城に同伴した理由の「吉例」とも関連すると思うのですが、小林氏は「巫女的な性格もあった。」とも書いていましたが、何か儀式でもしたのでしょうか。(とても茶々が世話をこなしてくれたから、戦に勝ったと秀吉は思わないと私は思うのですが・・・・。)

    2011.08.14 | 秋草[URL] | Edit

    4. Re:無題

    >秋草さん

    返信お待たせして申し訳ありません。

    龍の待遇が変わったのは、茶々よりも後のことで、名護屋在陣での功績によるもので、大坂城西の丸に屋敷を与えられ、「西の丸」と呼ばれるようになった辺りではないかとされています。

    「巫女的性格」というのは儀式のような具体的なものではなく、秀吉が茶々という存在に勝利を結び付けることで自軍の士気を高める効果を狙った験担ぎ程度を意味するのでは、と思います。

    2011.08.23 | 紀伊@赤石いとこ[URL] | Edit

        
    プロフィール

    紀伊

    Author:紀伊
    茶々姫(浅井長政の娘、豊臣秀頼の母)を中心に、侍女、ご先祖の浅井家女性(祖母井口阿古など)、茶々の侍女やその子孫、養女羽柴完子とその子孫を追いかけています。
    ちょこっとものを書かせていただいたり、お話しさせていただくことも。





    月別アーカイブ

    フリーエリア

    メモ「赤石いとこ」名義で記事を書かせていただきました。

    悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ) 悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ)(2009/06/06)
    …改めて石田三成と茶々姫の“不義”を否定する記事を書かせていただきました。


    メモ 参考資料としてご紹介いただきました。

    めのとめのと
    …茶々の乳母大蔵卿局を主人公描く歴史小説。茶々の祖母阿古の活躍も見どころ。
    千姫 おんなの城 (PHP文芸文庫)千姫 おんなの城
    …千の生涯を描いた作品。千が見た茶々をはじめとする人々の生き様、敗者が着せられた悪名が描かれる。


    検索フォーム



    ブロとも申請フォーム

    QRコード
    QR