fc2ブログ

茶々姫をたどる汐路にて

茶々姫研究日記(こちらが現行版になります)

RSS     Archives
 

督(江)の名前についてなど(『江の生涯』感想①)

 
江の生涯―徳川将軍家御台所の役割 (中公新書)


江の生涯―徳川将軍家御台所の役割 (中公新書)
福田 千鶴

中央公論新社 2010-11
売り上げランキング : 17157

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

福田先生の著書、すごかったですね。

既存の史料を、既存の解釈などくそくらえ!な姿勢で再検討されている姿勢は、さすが福田先生!と感銘を受けました。

…とはいえ、私は茶々姫ファンであって督(江)ファンでないので、まだ心中穏やかでいることが出来ますが、この一冊は督のファンにはちょっときついかも…


かくいう私も、納得できていないところが多々ありまして、それはまた追々書いていきたいと思っているのですが、まずは賛同した部分を取り上げたいと思います。

(以下、福田千鶴『江の生涯』を「福田本」とさせていただきます。)



①督の異称、「お江与」について


この「江与」(えよ)という称について、その由来は「江戸に与えられた」という意味ではないかという説を見たことがありました。

私も何の疑いもなく、そんなもんかいなあ、というふうに受け入れていたのですが、福田本ではこれを茶々姫にとっての「淀」同様、督の住まい「江戸」の変態仮名である、と論じておられます。


「江戸」→(平仮名)→「えど」→(旧かな)→「ゑと」→(変態仮名)→「江与(えと)」


つまり、「於江与の方」=「お江戸の方」であり、「おえどのかた」と読むのが正しい、という解釈です。

実際に「ゑとさま」と督のことを書いている一次史料もあるとのことで、「江戸に与えられた」説よりも説得力のある説だと思いました。現状私もこの点に関しては大いに賛同するところです。

(一時期、同じく秀吉の養女である豪〔ごう〕と名前が重なるから改名したのだろうかと思ったこともありましたが…)



②「ごう」を表す漢字


また、「ごう」を表す漢字について、良く見かける「江」と「督」の違いについても検討がありました。

実のところ、私は最近と茶々姫の勉強を始めた当初は「江」を使用していたのですが、これは「近江」の「江」であるという説に乗っかっていたからです。(間に「小督」を使った時期があります)


督の手紙(初の菩提を弔うために建てられた栄昌院というお寺に残っている初宛)に、「五」(ご)と署名した物があり、当時女性の手紙では書名に自分の名前の頭文字を使うという例が多く見られます(お寧さんが「祢(ね)」を使うなど)。

ですので、お督の名前の頭文字は「ご」であることは間違いないようです。

異説として「小督」の字から「こごう」、諱として伝わる「徳子」から「とく」(これは督の「督」の字を「とく」と読んだのが始まりか)などがありますが、彼女の名前が「ごう」と読むことはこの手紙から間違いないでしょう。


さて、「ごう」を表す漢字についてですが、福田本では「江」と書いたものには徳川系史料が多いことを指摘され、秀忠に嫁いで「江」と変えたのではないか、とされています。

改名の有無、時期については後稿を待ちたいところですが、督にとって実家である浅井・豊臣家側の史料『太閤素性記』には「小督」とあり、茶々姫側に立つ私としては古い「督」の字を使おうかしら、などと今は思っているところであります。



③女性の名前と敬称


実は、かねてから悩みのタネであったのがこの敬称。

福田本でも指摘されているとおり、浅井三姉妹を表す時に「茶々・お初・小督」とするものを良く見かけますが、これ、茶々姫だけ敬称が無い状態なんですよね。語呂はいいんですが。


そして千姫…彼女もいつも「千姫」にするか「千」にするか「お千」にするか悩んでいる女性の一人です。もちろん彼女の名前は「千」なのですが、正直「千」だけでは目に馴染んでおらず分かりにくい。

一般的に通っている名前はもちろん「千姫」なのですが、それなら他の女性の名前は…という問題にぶち当たり、頭を抱えることがままあります。


もう一人は松の丸殿。一般的には「竜子」と書かれています。

しかし同時代的に「龍子(竜子)」と呼ばれていたとは考えにくく、おそらくは「たつ」、「龍」と呼ばれていたのでしょう。(「たつ」の訓読みから、ひょっとして「たづ(鶴)」だったりして…と考えたことも。)

ただ、これもまた目に馴染みがなく、結局のところすぐに彼女だと判断できるように私は「松の丸殿」の称を使っていました。

今回、福田本で彼女のことを「龍」とされていたのは、私にとって得るところが大きかったです。


女性の本名は漢字で表わすと一字であることが多く、なかなかそれと判断しづらいのは大きな欠点ですね。そうなると「お」や「姫」をつけた方が、読みやすさの上で分かりやすくはなります。


私が茶々を「茶々姫」と書いているのは、うちは茶々姫贔屓ですのでもちろん意識的にしていることなのですが、お寧さんだって「寧」もしくは「禰居」と書かねばならず、「さん」づけなんてもっての他な訳です。(でも私のイメージでは「お寧さん」なんですが…)


有名な秀吉の母大政所の「仲」という名前をはじめ、そもそも女性の本名は伝承にとどまるものが多く、正確さを追及しているとどうしようもない部分が確かにあります。

正直難しい問題なのですが、これはこれからも考えていかねばならないところです。



④崇源院


督の院号である「崇源院」、私も今まで何の疑いもなく「すうげんいん」と読んでおりました。福田本ではこれについても再検討されております。

同時代に書かれた「東証大権現祝詞」(春日局が書いたといわれていますが異説も)では「そうげんいん」と読んでいるそうです。



福田本では以降続々と通説を覆しまくっていますが、こと督の名前、称についての検討はおおむね異論はありません。かつてこれほど督の名前についてこれほど史料的に検討されたこともなかったのではないでしょうか。

「史料がない」と検討を放棄されていたお督が、とりあえず机上に乗せられたことが、福田本の一番大きな功績ではないかと思います。


とはいえ、そのまますべて受け入れられるかというとそういうことでもなく、特に東福門院とお督の母子関係については納得しがたいところもありますので、それはまた記事を改めて。



PS: 大河ドラマの予告が公開されていました。

http://www.nhk.or.jp/go/movie/v1mpr_go.html

スポンサーサイト



Comment

1. ちょうどいい機会かも

今までどちらかというとメイン人物(失礼)ではなかった江姫が今回大河ドラマになり脚光を浴び、今まで棚上げ状態だった問題を考える調度いい機会だったと思います(-^□^-)
もっと新説・新事実がわかればいいですね!
織田信長の娘みたいに
「ごとく」
と呼ばれる事はなかったのでしょうか。


私はすいません、勝手に
「淀姫」
と呼ばせて頂いています。

2010.12.03 | しなちくにゃんこ[URL] | Edit

2. 追伸

すみません。
私もNHKの動画、貼らせて頂きました・・・。

2010.12.03 | しなちくにゃんこ[URL] | Edit

3. Re:しなちくにゃんこさん

>しなちくにゃんこさん

コメレスが遅くなり申し訳ありません!
そうですね…これを機会に茶々姫や初・督について解明が進めば…と私も思っておりましたが、なかなか思ったようにはいかないようです。
まだ大河が始まってもいないので、これからぜひそのような展開になっていくといいですね。

お督は生前「とく」とも呼ばれた形跡がないので、「ごとく」もないと思います。
死後は分かりませんが(「おとく」や「とくこ」と読ませる小説の類はありますね)、やはり「ごとく」といわれると信長の娘五徳姫ですね。

2010.12.18 | 紀伊@赤石いとこ[URL] | Edit

4. 江の名前

紀伊様

信長の娘・徳姫(とくひめ)が嫁いできた際に、家康の次女・督姫(とくひめ)が督姫(ごうひめ)に改名。その後、秀忠に江姫(ごうひめ)が嫁いできた際、江与に改名した、と聞いたことがあります。出典明記できずに申し訳ございません。
昔は江与とよく使われていましたが、今は江ですね。すみません。

2011.09.21 | 京[URL] | Edit

5. Re:江の名前

>京さん

コメントありがとうございます。
「江与」が名前であるという前提で、そのような見解もあるのですね。とても面白いです。勉強になります。

他に「えよ」という名前の女性が存在すれば号ではなく名前である可能性もあるのですが…
「お江与の方」という呼称で定着しているために、これからも「江与」は(特に大奥関係の作品で)使われるでしょうね。

2011.09.30 | 紀伊@赤石いとこ[URL] | Edit

    
プロフィール

紀伊

Author:紀伊
茶々姫(浅井長政の娘、豊臣秀頼の母)を中心に、侍女、ご先祖の浅井家女性(祖母井口阿古など)、茶々の侍女やその子孫、養女羽柴完子とその子孫を追いかけています。
ちょこっとものを書かせていただいたり、お話しさせていただくことも。





月別アーカイブ

フリーエリア

メモ「赤石いとこ」名義で記事を書かせていただきました。

悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ) 悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ)(2009/06/06)
…改めて石田三成と茶々姫の“不義”を否定する記事を書かせていただきました。


メモ 参考資料としてご紹介いただきました。

めのとめのと
…茶々の乳母大蔵卿局を主人公描く歴史小説。茶々の祖母阿古の活躍も見どころ。
千姫 おんなの城 (PHP文芸文庫)千姫 おんなの城
…千の生涯を描いた作品。千が見た茶々をはじめとする人々の生き様、敗者が着せられた悪名が描かれる。


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR