fc2ブログ
お江 戦国の姫から徳川の妻へ (2010/11/25)

お江 戦国の姫から徳川の妻へ


株式会社レッカ社 (著, 編集), 小和田 哲男 (監修)

もっと知りたい! お江と戦国の女たち (PHP文庫) (2010/11/02)
もっと知りたい! お江と戦国の女たち (PHP文庫)


≪解説系?≫

一応、順不同です。はい。


安藤 優一郎 江と徳川三代 (アスキー新書) (2010/09/09)

江と徳川三代 (アスキー新書)


八幡 和郎、八幡 衣代

浅井/三姉妹の戦国日記 (文春文庫) (2010/10/08)

浅井/三姉妹の戦国日記 (文春文庫)


山本博文 徳川幕府の礎を築いた夫婦 お江と秀忠 (2010/11/25)

徳川幕府の礎を築いた夫婦 お江と秀忠


鳥越 一朗 茶々、初、江 戦国美人三姉妹の足跡を追う (2010/11)

茶々、初、江 戦国美人三姉妹の足跡を追う


楠戸 義昭 お江 (静山社文庫) (2010/10/05)
お江 (静山社文庫)




≪小説系≫

『めのと』の植松先生もお江の物語を書かれるんですね!



植松 三十里お江(ごう)の方と春日局 (2010/11/23)

お江(ごう)の方と春日局


中島道子 江 (ごう) 波瀾と愛憎の生涯 (2010/11/11)

江 (ごう) 波瀾と愛憎の生涯


篠 綾子浅井三姉妹 江姫繚乱 (2010/11/23)

浅井三姉妹 江姫繚乱


諸田 玲子美女いくさ (中公文庫) (2010/09/22)
美女いくさ (中公文庫)


吉屋 信子 徳川秀忠の妻 (河出文庫) (2010/10/05)
徳川秀忠の妻 (河出文庫)


星 亮一徳川秀忠とお江 (学研M文庫) (2010/10/13)

徳川秀忠とお江 (学研M文庫)


≪大河ムック≫

もう情報が出ているんですね。早いなあ。


NHK出版江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (2010/12/15)

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

スポンサーサイト



Tracback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

コメントフォームへ

    

茶々姫をたどる汐路にて

茶々姫研究日記(こちらが現行版になります)

RSS     Archives
 

お江関連書籍(2010秋出版)

 

大河に関連して出版されるお江関係書籍です。

久しぶりにチェックしたらmixiに書いた時よりもかなり増えてました。
正直…「いじめ?」っていうくらい出ます。

「楽しみだなあ」なんて悠長なことは言ってられなくなってきました…orz
これも、幸せな悩み…なのかもしれないようなそうでもないような。


個人的に、雇われたように宣伝したい福田千鶴先生の本はまだamazonさんには情報が出てませんねえ。

11月中とおっしゃってたので、またチェックします。




≪小和田先生関連≫


茶々姫好きにとっては安心と信頼の小和田先生ゾーン。

ただし、尋常じゃないほどの冊数が出版されます…orz


小和田 哲男 浅井三姉妹の真実 (新人物往来社文庫) (2010/11/09)

浅井三姉妹の真実 (新人物往来社文庫)


小和田 哲男 お江と戦国武将の妻たち (2010/11/25)

お江と戦国武将の妻たち


小和田 哲男 戦国三姉妹 茶々・初・江の数奇な生涯 (2010/11/25)

戦国三姉妹  茶々・初・江の数奇な生涯


小和田 哲男 

プロフィール

紀伊

Author:紀伊
茶々姫(浅井長政の娘、豊臣秀頼の母)を中心に、侍女、ご先祖の浅井家女性(祖母井口阿古など)、茶々の侍女やその子孫、養女羽柴完子とその子孫を追いかけています。
ちょこっとものを書かせていただいたり、お話しさせていただくことも。





月別アーカイブ

フリーエリア

メモ「赤石いとこ」名義で記事を書かせていただきました。

悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ) 悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ)(2009/06/06)
…改めて石田三成と茶々姫の“不義”を否定する記事を書かせていただきました。


メモ 参考資料としてご紹介いただきました。

めのとめのと
…茶々の乳母大蔵卿局を主人公描く歴史小説。茶々の祖母阿古の活躍も見どころ。
千姫 おんなの城 (PHP文芸文庫)千姫 おんなの城
…千の生涯を描いた作品。千が見た茶々をはじめとする人々の生き様、敗者が着せられた悪名が描かれる。


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR