FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

完子と随心院

以前「お江岐阜出生説」を取り上げさせていただいた『泰巖宗安記』さんに、完子に関する情報が掲載されています。

→*豊臣完子(『泰巖宗安記』)


完子(さだこ)といえば、お江と羽柴秀勝の娘ですが、徳川に嫁いだお江に代わって茶々姫が手元で慈しみ育てた、茶々姫のもう一人の”子”。

貴婦人として成長したであろう完子は、茶々姫の子(「猶子」)として、九条忠栄の妻となります。


これだけ重要で微妙なポジションにいるにもかかわらず、完子は忠栄との間に設けた子女以外、詳しい情報を得る機会がありませんでした。

夫忠栄(幸家)は関白となりますから、完子もまた北政所と呼ばれる立場となったはず。それなのに、没年も分からなければ院号も…と不思議に思って史料を当たっていたいたのですが、その答えは随心院にあったのですね。


k2さんのお写真を拝見させていただいたところ、供養塔には「天真院従二位本光國成大姉」と彫られています。

没日は「万治元(1658)年八月十八日」(記事より)ということですので、数えで66歳のときに亡くなられたということのようです(追記:出生年について確証はないそうです)。

一般的には完子は従三位とされていますが、こちらでは従二位となっていますね。どちらかが誤りなのか、追贈なのか、まだわかりません。

調べてみると、完子は生前に随心院の薬医門、玄関、書院を寄贈しているようです。

あまり伝わらなかったのは、天真院こと「九条家縁の女性」=お江として誤伝してしまったからでしょうか。そういえばお江と完子を混同して、お江が九条家に嫁いだという説がありましたが、これはこのあたりが原因なのでしょうか。

何にしろ、私は今日まで存じ上げませんでした…無念。


随心院と完子の関係ですが、随心院は代々九条家の子息が入室していたようで、完子の婚礼にも夫忠栄の兄弟増孝が出席していますし、その次の代は完子の三男栄厳が入室しています。完子にとってとても浅からぬ縁の寺院だったのですね。


その他『東福寺誌』に完子の葬儀について記載があるとか。『東福寺誌』か…ノーマークでした…。手に入る史料のようなので、早速注文しました。完子に関する情報はもちろん、秀吉時代から何かと関わりのあるお寺ですので、届くのが楽しみです。

スポンサーサイト



| ∟関連サイト | 12:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1. はじめまして

こんばんは、はじめまして。
羽柴(豊臣、のち九条)完子についてある興味があり、検索しておりましたところこちらのサイトに辿り着きました。
「東福寺誌」は自分も持っておりまして、彼女の没年に関しては、結構以前より把握しておりました者です。
けれども、生年について一次史料を求めることが未だ出来ずにおります。
紀伊様は完子の生まれ年を「文禄元年」とされていらっしゃるようですが、これは何の資料に見られるものでしょうか?
もしも差し支えなければご教授願えれば幸いです。

| かのか | 2010/12/22 19:24 | URI | ≫ EDIT

2. Re:コメントありがとうございます。

>かのかさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
かのかさんのコメントを拝読し、いろいろと史料や書籍を見直しました。
確かに、一次史料で「文禄元年生まれ」を目にしたことがなかったのですが、どうやら小和田哲男氏の記述を読んで、それを受け入れていたようです。
ただ、この小和田氏の論は、お督が小吉秀勝に嫁いだ時期を文禄元年二月と推定した上での誕生日計算だと思われます。
しかしながら、私は不勉強で最近まで存じ上げなかったのですが、お督が小吉秀勝の祝言が天正十三年だったそうなので、完子の繰り上がるかもしれませんね。

先日発行された福田千鶴氏の『江の生涯』では、お督の嫁いだ時期を天正十四年ごろまでさかのぼるのでは、と言及されていましたが、完子の生年に関しては小和田説のままでした。
あとは嫁いだ年齢から絞れるかと思いますが、それでも三年ほど早まってもおかしくないですね。

私よりも完子についてお調べになっていらっしゃるかのかさんも見つけられていないとのことなので、一次史料では記録が残っていないのかもしれません。

私も文禄元年説にまで疑問を持ったことがなかったので、こうしてご指摘いただいたおかげで認識を改めることが出来ました。

ありがとうございます。
そして、御役に立てず申し訳ありません。

| 紀伊@赤石いとこ | 2010/12/22 21:37 | URI | ≫ EDIT

3. Re:お返事ありがとうございました

>紀伊@赤石いとこさま
突然の不躾なコメントに早々のお返事、感謝いたします。
実は完子の生年=巷間流布する文禄元年というのは確かに小和田先生はじめ、各所に出ておりますので、自分もそこに引っかからなくても…と思っていたのですが、さる事情でそこにこだわる必要が出ました(笑)為に、今更一生懸命捜しているところです。
なにせ旦那様が文禄元年に亡くなりますので、結構シビアですよね。夫が亡くなってから子供を出産というのもドラマチックではありますけれども(大河ではそう持っていきそうですね)。

私は京都市在住でして、仕事もある程度関わっていますが、大部分は歴史は趣味のお勉強で楽しんでいます。来年は京都全体が華やかになりそうで楽しみです。

茶々姫とお寧様はそれぞれの立場で豊臣の家を守ろうとした女性達だったと私も思っています。お寧様が大坂城を出て京都に上がったのは、決して茶々姫や秀頼を疎ましく思い側を離れたのではなく、彼女が朝廷と最も近しい豊臣の女だったからでしょう。お互い果たすべき、自分でしか出来ない役割の分担をしていたのだと感じています。

紀伊様のサイトの益々のご発展をお祈りしております。

| かのか | 2010/12/22 22:56 | URI | ≫ EDIT

4. Re:かのかさん

>かのかさん

いえいえ、ご指摘を受けるまで思い込んでいるということが私自身少なくないもので、このように気づかせていただけるのは本当に助かります。
早速サイトの方にも訂正を入れさせていただきました。

もしまた何か気がつかれましたら、お教えいただけるととてもうれしいです。
この度は私のサイトに遊びに来ていただき、ありがとうございました。

| 紀伊@赤石いとこ | 2010/12/23 17:17 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://chachahimeblog.blog.fc2.com/tb.php/858-18389407

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT