FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キャスト続報

茶々姫を始め、お初、お市、龍子、お寧、大政所の役者さんが発表されたようです。

以下、記事を転載します。



2011年度NHK大河『江~姫たちの戦国~』新女性キャスト発表 宮沢りえ、水川あさみ、鈴木保奈美ら豪華女優そろい踏み

(6月28日16時3分配信 オリコン


 NHKは28日、女優・上野樹里が主演を務める2011年大河ドラマ『江~姫たちの戦国』に、新たに宮沢りえ、水川あさみ、鈴木保奈美、鈴木砂羽、奈良岡朋子、大竹しのぶらを起用したと発表した。織田信長の妹で、絶世の美女として知られるお市の方役には、石橋貴明(とんねるず)の妻で約10年ぶりに女優活動再開となる鈴木保奈美。同日行われた会見で「身にあまる大役。早く収録が始まらないかとワクワクしてる。精一杯自分を投げ出して取り組みたい」と意気込みを語った。

 お市の方と北近江の大名・浅井長政の間に生まれた、歴史上名高い“浅井三姉妹”の長女で、天下人・豊臣秀吉の長男・秀頼を生んだ茶々(淀)役には宮沢りえ。名門・京極家の京極高次の元へと嫁ぎ、大坂の陣で豊臣方の代表使節として姉・淀と徳川家に嫁いだ妹・江(上野)のために、和平交渉に奔走する次女・初を水川あさみが演じる。

 初の夫・高次の姉であり、秀吉のナンバー3の側室であり続けた京極龍子/松の丸殿には鈴木砂羽。秀吉の母・なか(大政所)を奈良岡、秀吉の正室・おね(北政所)を大竹が演じる。「天下分け目の戦いは、女たちの心の中にこそあった」――戦国時代の数奇な運命に翻弄される女性らを豪華キャストで再現し、“女たちの心のスペクトラルドラマ”を展開する。

 出演者決定にあたり、屋敷陽太郎チーフプロデューサーは「田渕久美子さんの骨太な物語展開と、魅力的な登場人物たちの奥行きある人間ドラマは、まさに“愛”にあふれています。その愛を豊かに表現していただくために、お一人お一人に激しい情熱をもって番組への参加を呼びかけました」と期待を寄せた。

 同作は市の三女として生まれ、3度目の結婚で徳川二代将軍・秀忠の正室となり、三代将軍・家光を生み大奥を築いた“江(ごう/上野)”の生涯を描く。脚本は、宮崎あおいが主演し人気を呼んだ『篤姫』を担当した田渕久美子さんのオリジナルで、『篤姫』以来3年ぶりの女性主人公として期待が高まっている。音楽は『篤姫』以来2作目となる吉俣良。


(転載元:http://contents.oricon.co.jp/news/movie/77622/full/?from_todaysnewshttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100628-00000005-oric-ent


茶々姫・初姫役や、お市役については少し前から話題に上っていましたね。

個人的な感想としては、龍子さんが私の勝手な理想通りで嬉しいです。

龍子さんはオトコマエな姐さんキャラ(当然美人)が理想ですw


お寧さんについては、どうでしょう。

理想に近いような、どうなるかわからないような^^;

やはり私の記憶では沢口靖子さんの印象が強いので、どうなるか楽しみです。


Yahoo!ニュースでは、毎日新聞の記事のほうがトップに挙げられていたのですが…

ドラマの話題ですので、全文転載は1記事にとどめます。

そして、下の記事と同じ毒を吐きます。すみません。


”江は、徳川家康の三男・二代将軍秀忠の正室で、母は織田信長の妹・お市の三女。豊臣秀吉の側室・淀君は姉になる”

(転載元:http://mantan-web.jp/2010/06/28/20100628dog00m200022000c.html


……なぜ、役名が「淀」なのにあえて「淀君」と書くのだ……


私が考えている以上に、まだまだ「淀君」呼称は根強いのでしょうか…

スポンサーサイト



| ∟江 姫たちの戦国 | 20:06 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1. 本当に

『君』止めて欲しい記事書く前に調べて私は、寧々さんは『桃井かおりさん』のCMのが濃すぎて(笑)



大竹しのぶも、なんか良いかもね。


沢口さんのは、なんか切なすぎ、ぴったりし過ぎで、白髪を抜く時と金平糖を食べてる時と思い出しても悲しくなる。きっと、あのままだったんだろうけど、ちょっと茶々様を泣かしたので(笑)


酒井さんの寧々の時も良かったよね、瀬戸朝香の茶々様は少しキツイイメージだったけど、瀬戸朝香の『黙りゃ』ってセリフは好きだったよ。

| しろやぎさん | 2010/06/30 02:19 | URI | ≫ EDIT

2. しろやぎさんへ

確かに!w
桃井さんのお寧さんも味があってよかったですねー!

のりぴーのお寧さんも、キュートで可愛かったです。
お寧さんは私にとってどっちかというと、キュートなイメージなので…

瀬戸浅香さんの茶々姫は、私は世の中のドラマの茶々姫の中で一番好きです。
…瀬戸さんが私の好きなタイプの美人さんというのが大きいですが^^;
秀吉の奥に入った悲しみというか、茶々姫の気持ちを描こうとしてくれた「鬼の淀どの」の回は永久保存版です…

| 紀伊@赤石いとこ | 2010/07/01 18:52 | URI | ≫ EDIT

3. 同じく

スカパーで、確か2年前に、再放送をやってて(笑)気合いを入れて録画をしてたら最終回を予約して、家族で京都に旅行に行ったら、実母に、電源の根本からブチギリされてました


帰って来てから怒り狂いましたが(笑)良い思い出です


私の中でも、瀬戸朝香さんは淀様のイメージに近い顔はあのままで、もう少し細身かな背は普通くらいかなって勝手に言ってしまいましたが(笑)


茶々様と言えば『花の慶次』で、可愛らしく、凄い頭の良いイメージで書かれていて素敵でした。いつも、目がキツく描かれているのに、垂れ目な感じだったから印象的です。

| しろやぎさん | 2010/07/02 18:17 | URI | ≫ EDIT

4. 淀君

幼い頃の
「淀君/戦国時代の悲劇の姫君」
から淀姫さまに入っていったので、あんまり
「君」
に違和感を感じなのんですが……。
「姫君」
の「君」
的なニュアンスなのかと思っていました。



キャストが決まって行くにつれて、
「いよいよ始まるんだ」
と実感が沸いて来ました(^・^)
すんごく楽しみです!


山里廓のお話も、喜んで読ませて頂きました!
秋までに、一度大阪城に行きたいです(^・^)

| しなちくにゃんこ | 2010/07/02 21:08 | URI | ≫ EDIT

5. しろやぎさんへ

『花の慶次』でそんなシーンがあるのですか!
ちょっと…いや、かなり意外です。
あの漫画家さんの茶々姫は、内掛を着たラオウというイメージしかなかったので…(汗

私のイメージはかなり長身で割と無口な感じなんです♪
美人は美人でも、華やか系の美人というイメージじゃないかなあ…

いろんな方の茶々姫像を聞かせていただくのも楽しいですね~

| 紀伊@赤石いとこ | 2010/07/02 21:10 | URI | ≫ EDIT

6. しなちくにゃんこさんへ

こんにちは♪
コメントありがとうございます。

私も、同じマンガから入った身なので、
淀「君」に悪い印象はなかったんですよねえ。

いろいろな方の著作や論文を拝読して、その辺の知識を得た結果でもありますし、
逆に、茶々姫をお嫌いな方々があえて淀「君」をこだわり使われるところに反発したところも大きいように思います。

個人的にはご本名の「茶々姫」を好んで使わせていただいていますが、
しなちくにゃんこさんの「淀姫」さまという読み方も、私は好きです♪

| 紀伊@赤石いとこ | 2010/07/02 21:14 | URI | ≫ EDIT

7. 男性キャストも決定しましたよ!

ありがとうございます(^人^)
姫好きの私が勝手に呼んでる呼び方です、淀姫。


男性キャストも決まって、かなり豪華で嬉しいですO(≧∇≦)o

| しなちくにゃんこ | 2010/07/07 13:09 | URI | ≫ EDIT

8. しなちくにゃんこさんへ

こんにちは。情報ありがとうございます♪

早速見に行ってきます^^

| 紀伊@赤石いとこ | 2010/07/12 12:16 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://chachahimeblog.blog.fc2.com/tb.php/845-185c40ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT