FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

植松三十里『めのと』

今日は小説を紹介させていただきます。

めのと めのと
(2009/10/08)
植松 三十里

商品詳細を見る


大蔵卿局(小袖)が主人公の歴史小説です。

実はこの作品が書籍化する前から植松先生にメールをいただく機会がありましたので、私にとってはずっと楽しみに待っていた出版でした。

恐れ多いことに、参考文献の頁にうちの『萩の御前』を並べていただいております。
永遠に工事中サイトなのに、他は私も大事にしているような高名な書籍資料ばかりですので…恐れ多さに身の縮む思いです…

ともかく、ぜひご一読ください。

感想をここで書いてしまいたいのですが、今は何を言ってもネタバレな気がして何も書けません。

ただ、うちをご愛顧いただいている方にとっては、
何度か「えっ!?」とショックを受けたり、がっかりする場面に出くわすかもしれませんが、読み進めれば納得、という展開が何度かあります。


そして…そして、何よりも、私が大好きな女性たちがかっこいい。
特に○○さんが…!
まさか小袖を主人公にして、この方がこんなにかっこよく描かれるなんて思ってもみなかったので、もう、それだけでも私としてはすんごくすんごく感動でした。

このたびは、ありがたいご縁をいただきまして、本当にありがとうございました。


そうそう、いい機会なので、こちらもご紹介。

千の命 千の命
(2006/06/08)
植松 三十里

商品詳細を見る


賀川玄悦、という江戸中期のお医者さんを主人公にした小説です。
私もこの方のことは全く存じ上げなかったのですが、そんなこと問題になりません。

この作品はかなりおすすめです。
スポンサーサイト



| ∟[お知らせ]宣伝 | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://chachahimeblog.blog.fc2.com/tb.php/781-9f9e5b91

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT