FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伊茶局

生年: 不詳
没年: 慶長20(1615)年5月8日?(この頃40代前後か)

称:
「いちや」、「いちや局」、「いちや方」〔義演准后日記〕
「伊茶局」〔難波戦記〕
「御いちや」〔輝資卿記、北川遺書記〕
「御いちゃの御方」〔資勝卿記〕

肩書:
慶長三年「大蔵卿局内いちや」〔義演准后日記〕

子:矢野五左衛門

伊茶局の出自は詳しくは分かりません。
しかし天和4(1684)年に書かれたいちやの曾孫五左衛門による書状にその一部が残されています。〔譜牒余録後編(三十八 処士之下 矢野五左衛門条)〕
曰く、伊茶局は五左衛門の祖父五左衛門の母だといいます。
伊茶局の息子、矢野五左衛門は大坂城で秀頼の勘定頭を務め、知行千石と与力十騎、足軽五十人を賜りました。
片桐且元が大坂を退去する際、その知行や金銀米銭諸道具一切を受け取った勘定頭である五左衛門でした。

『義演准后日記』の慶長9年6月5日条・同年9月15日条には五左衛門が伊茶局の息子として義演から進物を受けとっています。 また、慶長13年3月19日には浅野長晟の使者として、秀頼の病(疱瘡)平癒のための大神楽奏請のため奔走していることからこの時期には浅野家に仕えていたようです。

大坂落城後の元和元年(「慶長二十年」)十月、板倉勝重に駿府へ登城するよう命じられます。
駿府で勝重の次男重昌は伊丹康勝に命じて五左衛門が管轄していた大坂城の資産について尋問をしました。
その答えを家康から労われ、以後秀忠に出仕するよう命を受けます。
その後家康の放鷹に同行した際、重昌に上方に残っている(それまで人質になっていたか)妻子の行方を尋ねられ、このときに許されたといいます。

翌年(元和2年)また五左衛門は重昌によって駿府に呼び出されましたが、その時期は家康の死去と重なります。
そのごたごたで重昌の用向きは後日ということになりましたが、五左衛門はその夏に同地で謎の頓死を遂げています。

跡を継いだ五左衛門の息子弥平次は脚気を患い歩けず、若死にしたといいます。
その子が書状を書いたいちやには曾孫にあたる五左衛門です(年齢はこの手紙の日付から推定しました)。



大蔵卿局の側近


伊茶局の名は、『義演准后日記』では慶長三年四月七日条、『北野社家日記』では慶長四年七月八日が初出です。
以降、大蔵卿局の取次ぎとして義演や松梅院禅昌の記録に頻出しています。

阿古御局(阿古)の幼名が菊というように、伊茶局が彼女の幼名とは限らないですが、 おそらく幼名のまま候名としていることから、公的な女官としてではなく豊臣家の私的な侍女でしょう。
五左衛門の手紙によると、大蔵卿局と同様年寄分の女中であったといいます。
大蔵卿局付きの侍女であったようですが、公的にも中臈女官の扱いであったようです。



大坂の陣とその最期


先に紹介した曾孫五左衛門の手紙によると、方広寺鐘銘の件で大蔵卿局が駿府へ弁明に行く際、伊茶局も同行していたようです。
そこで半年ほど留められられたことが記されています。
伊茶局の子五左衛門は家康に褒美を賜る際、母の件を持ち出して辞退したそうです。

その後、大坂の陣で子五左衛門はどういった経緯でか大坂の陣を生き残りましたが伊茶局は茶々姫に殉じたものと思われます。
「難波戦記」(「伊茶局」)、「北川遺書記」(「御いちや」/※女房たち数十人自害との記載)の二書から確認できる他、 いちやの名を記していない史料でも「駿府記」には三十二人、「大坂御陣覚書」には三十余人、「舜旧記」には二十人ほどが自害したとの記載があります。
大概の記録には高級侍女の名しか記されていないものの、自害した侍女の中にいちやがいたことは間違いないと思われます。

というわけで、いちやもまた茶々姫と共に自害した「三十二義士」の一人でしょう。



略年表



・慶長3(1598)年
3月15日、醍醐の花見に参加?
「もろ人のおなし心もうちとけて ながむる花も幾千世かへん いちやこ」
(楠戸義昭氏『醍醐寺の謎』では伊茶局としているが同一人物?)
4月1日、大蔵卿局の取次ぎとして義演を初応対。
8月18日、秀吉病没。

・慶長4(1599)年
7月8日、大蔵卿局の取次ぎとして松梅院を初対応。

・慶長12(1607)年
12月28日、駿府城火災の見舞いのため秀頼に命じられ駿府へ赴く。

・慶長19(1614)年
8月29日、茶々姫の使者として大蔵卿局に従い駿府に赴く。

・慶長20年(1615)年
5月8日早朝、秀頼・茶々姫・大蔵卿局らに殉ずる。

・天和4年(1684)年
2月、矢野五左衛門、祖父五左衛門・父弥平次・曾祖母伊茶局について書状を認める。

〔ひとりごと〕
秀吉歿後の姫を追いかけるのに、毎月秀頼の祈祷に来ていた義演准后の記録は見逃せないのですが、 その中にちょくちょくこの「いちや」さんが登場して、一体何者だろうかととても疑問でした。
彼女の正体を知る唯一の記録が、彼女の曾孫五左衛門の残した書状です(『大日本史料』に収録)。

そもそも、いちやさんの息子とその孫が共に五左衛門という同じ通称を名乗っているのでややこしいですね。
そしてどうやってか大坂の陣を生き残り、大坂城の金銭について聞かれた後突然出先で亡くなっているいちやさんの息子も謎です。

矢野家の史料にせめて戒名だけでも残っていないか調査を続けたいと思います。


女官/女房/侍女 目次一覧
スポンサーサイト



| 女官/女房/侍女 | 23:56 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2017/12/30 19:48 | URI |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT