FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1622/元和八年

元和八(1622)年

一月


二日
梵舜、神龍院内豊国神社鎮守社へ名代を代参させる。〔舜旧記〕

七日
梵舜、寧へ年賀のため伺候する。お寧、清月局、永春尼、清首座(「清首」)、瑛蔵主(「瑛蔵」/吉田兼治三男、萩原兼従弟、幼名:幸丸)へ進物。返礼あり。対面はなし。〔舜旧記〕

十八日
梵舜、寧へ進物(神供ヵ)を贈る。〔舜旧記〕


二月


一日
寧、梵舜へ御神供料をおくる。〔舜旧記〕


四月


二十四日
梵舜、寧へ伺候する。清月局が取り次ぐ。対面はなし。〔舜旧記〕


五月


十八日
梵舜、寧へ進物(神供ヵ)をおくる。〔舜旧記〕


七月


四日
寧、秀吉(「豊国大明神」)の不快な夢を見たために、祈念料銀子一枚を梵舜へ送る。〔舜旧記〕
寧の夢想不快により、梵舜、神龍院内豊国神社鎮守にて神供祓百座を進上する。〔舜旧記〕


八月


十五日
寧、供料として銀子一枚を梵舜へ送る。〔舜旧記〕

十八日
梵舜、寧へ神供を進上する。〔舜旧記〕


九月


十九日
寧患いにつき、萩原兼従が祈祷を行う。 〔舜旧記〕



編年史料 目次
スポンサーサイト



| 編年史料 | 04:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT