fc2ブログ

茶々姫をたどる汐路にて

茶々姫研究日記(こちらが現行版になります)

RSS     Archives
 

「よみがえる伏見城」@京都市歴史資料館

 

秀吉の指月城の石垣戻る 400年ぶり、石切場跡に案内板 - 京都新聞 s.kyoto-np.jp/local/article/…


posted at 16:49:03


京都市歴史資料館なう。 伏見蔵光庵替地願「伏見蔵光庵敷地 関白様御屋敷に被召置候あいだに、則壊申候、然者替地等被仰付候様、御取成奉頼存候、」 奉行衆連署状「聚楽御殿共伏見へ被成御引、」 pic.twitter.com/imj1J7XsoT



posted at 10:03:27


錦絵「伏見大地震之図」:「地震加藤」「関白秀吉卿」(ママ)、「北の政所」、「幸蔵主」、「加藤主計頭清正」、「石田三成」…秀頼いない 『三河記』:「七歳ニ成リ玉フ秀頼」


posted at 10:10:01


鬼瓦:五七桐紋。金箔が肉眼では確認できない程度残っているらしい おにぎり:慶長五年伏見城攻防戦のもの? 徳川期伏見城の遺構:御香宮神社表門ら園城寺仁王門、福山城伏見櫓、鉄門


posted at 10:22:14


「伏見御城郭并屋敷取之絵図」(天明8年):西側「大野修理」 「伏水桃山城古図」(大正元年):東側「木村長門守」、「速水甲斐守」、西側「藤掛三河守」、「京極修理」、「大野」


posted at 10:31:51


「大名屋敷の金箔瓦5」:飾り瓦。五七桐紋。鷹匠町出土。金箔がよく残る。 「大名屋敷の金箔瓦3(前田家)」 :軒丸瓦に梅鉢紋。


posted at 10:35:14

スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

紀伊

Author:紀伊
茶々姫(浅井長政の娘、豊臣秀頼の母)を中心に、侍女、ご先祖の浅井家女性(祖母井口阿古など)、茶々の侍女やその子孫、養女羽柴完子とその子孫を追いかけています。
ちょこっとものを書かせていただいたり、お話しさせていただくことも。





月別アーカイブ

フリーエリア

メモ「赤石いとこ」名義で記事を書かせていただきました。

悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ) 悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ)(2009/06/06)
…改めて石田三成と茶々姫の“不義”を否定する記事を書かせていただきました。


メモ 参考資料としてご紹介いただきました。

めのとめのと
…茶々の乳母大蔵卿局を主人公描く歴史小説。茶々の祖母阿古の活躍も見どころ。
千姫 おんなの城 (PHP文芸文庫)千姫 おんなの城
…千の生涯を描いた作品。千が見た茶々をはじめとする人々の生き様、敗者が着せられた悪名が描かれる。


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR