FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秀頼息女万姫、天秀尼

ふと思い立って秀頼のwikiを見ていたら、妻の欄に「安威の方(安威忠衛門の娘)」という記載が。たしかに「愛」(「お愛の方」)という人がいますけれども、これが妾であったという史料はまだ見たことがありません。「方」とつくからにはそれなりの位の侍女であることは間違いないと思いますが。

posted at 19:04:00


愛(「お愛の方」)について調べていたらこんなサイトが。ここでは愛は青木半入の娘と…。史料のない伝承なのかな。/「この坂の名称は豊臣秀頼の側室「お愛」の父・青木半入の居宅があった為に「愛殿坂」がなまったと言う考えもあるとされる。」t.co/6QgH9O85

posted at 12:56:44


出典は『摂津名所図会大成』らしいです。こっちでは「安威殿坂」とあり、「安威」と「愛」双方がこの坂の由来として伝わっているということが紹介されています。「安威」は安威摂津守、もしくは安威忠衛門の娘とあり、「愛」は青木半入の娘とありました。 t.co/01LYleva

posted at 13:03:56



秀頼妾「愛殿」の出典を見ました。一女ありとの記述。息女のその後の記述に天秀尼との混同かと思える説がある一方、母娘ともども戦火に没したという記述もあり、殉死者に「お愛の御方」の名が見えることから、やはり娘がもう一人いて、戦火に没したのではないか…といろいろ考えています。


posted at 12:59:55


@Ka_Yuu_K 想像にすぎませんが、やはり天秀尼が命を助けられたのは、嫡女として千の手元で育てられていたであろうことが大きかったのではないかと。天秀尼が供養している兄弟は同母の国松だけなので、嫡男でも嫡女でもない他の弟妹は千や天秀尼の側で育てられなかったということでしょうか。

posted at 21:37:17


彦根城博物館。「彦根藩士たちの大坂の陣」。博物館臓の大坂の夏の陣図に、まさかの秀頼息女万姫の記述が!!き、来てよかった! pic.twitter.com/J3iPnMam8L



posted at 14:53:50


秀頼の娘万の母愛殿ゆかりのあいどり坂 pic.twitter.com/Lm78ecLAIT



posted at 17:13:06

スポンサーサイト



| ∟史料関係 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://chachahimeblog.blog.fc2.com/tb.php/1184-783f6cfb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT