FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[Twitter]勘姫、通姫

おっと。井口阿古←茶々→完子→勘、でした。四代…いや、阿古と茶々、完子と勘の間で一代とんでいるので、正確には六代にわたってしまっております。収拾つかないけれど興味は尽きない!! RT @itoko_akaishi 茶々→完子ときて、ここに来て→勘と来ました。


posted at 23:04:00


用があって京都大学付属図書館へTEL。一般人なので京大ってだけでドキドキでした。あとは大谷大学や龍谷大学も行きたいんだけど、暇と時間ががggg…どこでもドア欲しいです。したら行きたいところの選択肢が増えて、さらに時間とお金ががg(ry …となるわけですがorz


posted at 18:28:57


茶々→完子ときて、ここに来て→勘と来ました。なんと魅力的な系譜なのでしょう…。勘の肖像はありそうでなさそう。出自、輿入れ先から考えてあっても不思議ではないけれど、顛末からして処分されてそう。あるとしたら東本願寺側でしょうか。


posted at 17:46:27


通に会えるかも…?


posted at 17:34:29


訂正「通の次女」→「次女通の長女」。失礼しました。 RT @itoko_akaishi 完子の孫勘(通の次女)は姫路本徳寺の准円昭澄の妻となりましたが、彼女は後妻で、先妻は鷹司房輔の娘(妙顕院円妙)だったそうです。子どもは男の子が二人いたみたいですが、惜しくも夭折した模様…


posted at 14:24:13


そして、勘は異母弟寂円を養嗣子にしていて、その妻は信長の玄孫でした。残念ながら初産の時に産褥で亡くなった模様です。


posted at 03:04:49


はあ…勘ってとても凄い女人でした…。その筋では有名な女傑だったのですね。うっかりこんな時間まで読み耽ってしまった。西派宗主の嫡女でありながら、西派と対立して東派に転派とか…確かに母通の姉は東の宗主裏方序なのだから、勘は東の宗主一家とも近しい血縁な訳でした。


posted at 02:52:58


うわああああ、この間まで龍谷大学で通の画像が出てたなんて…!!!も、ものすごいショック…!!!でも現存していたのはものすごくうれしい… t.co/DG3WZQrU


posted at 00:38:03


完子の孫勘(通の次女)は姫路本徳寺の准円昭澄の妻となりましたが、彼女は後妻で、先妻は鷹司房輔の娘(妙顕院円妙)だったそうです。子どもは男の子が二人いたみたいですが、惜しくも夭折した模様…


posted at 00:27:49


『石川日記』承応三年十二月二十二日条に、完子の娘通(「貞梁院様」)の「御影像」が出てきます。どんな御顔だったんだろう。今でも東本願寺さんに残ってたりしないのでしょうか。


posted at 00:27:29

スポンサーサイト



| ∟つぶやきまとめ | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://chachahimeblog.blog.fc2.com/tb.php/1175-363c3c80

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT