fc2ブログ

茶々姫をたどる汐路にて

茶々姫研究日記(こちらが現行版になります)

RSS     Archives
 

出雲安国寺京極高次供養塔

 
出雲を訪ねたので、安国寺というお寺にある京極高次の供養塔にお参りしてきました。

茶々姫をたどる汐路にて


茶々姫をたどる汐路にて


茶々姫をたどる汐路にて

松枝歴史館の西島太郎先生曰く、供養塔ごと越前から舟で運んできたのでしょうねえ、とのことでした。
スポンサーサイト



Comment

1. 讃岐丸亀城

赤石様

先日、用があり四国に行ったのですが本来の目的のついでに丸亀城に併設されている丸亀市立資料館で江の初姫宛て書状を見てきました。やはり仮名や漢字での散らし書き書状はそれ自体が芸術品です。平成25年度版まるがめ資料館だより第16号が持ち帰り自由で館内に置いてあり、カラーで書状二通がコピーされていたのがよかったです。ニッカリ青江も見学したかったのですが、展示はされていませんでした。大坂の陣400年ということで、落城後に城跡にあった刀剣や茶器等をどこかの家が持ち帰ったらしいので元豊臣家所蔵品展でも開いて頂けたらなと思いました。

2013.12.03 | 田中[URL] | Edit

2. Re:讃岐丸亀城

>田中さん

元豊臣家所蔵品展はすごくいいですね^^

2014.01.29 | 紀伊@赤石いとこ[URL] | Edit

3. 無題

ご無沙汰しています。
今夜から3日間、京都に来てるので三宝寺の供養塔に行きたいです。

2014.02.01 | ダイナゴン[URL] | Edit

4. 無題

おかげさまで三宝寺の高次、常高院、興安院の供養塔、お参り出来ました。ブログのお写真のお蔭です。

2014.02.03 | ダイナゴン[URL] | Edit

5. Re:無題

>ダイナゴンさん

お返事が遅くなり申し訳ありません。
三宝寺にお参りお疲れ様でした。
三名の供養塔を見つけられて何よりです。
あそこは、もうちょっと調査したらいろいろ出てきそうだなあと思っているのですが…

2014.05.14 | 紀伊@赤石いとこ[URL] | Edit

6. 無題

私も先月、お墓参りしてきました。
この写真の左後ろの、白い風船みたいのは何でしょうかね。。私の写真にも写ってしまいました。。(帰ってから気付きました)

2014.11.25 | きち[URL] | Edit

7. Re:無題

>きちさん

本当ですね。
街灯かなあ?と思うのですが。

2014.12.28 | 紀伊@赤石いとこ[URL] | Edit

    
プロフィール

紀伊

Author:紀伊
茶々姫(浅井長政の娘、豊臣秀頼の母)を中心に、侍女、ご先祖の浅井家女性(祖母井口阿古など)、茶々の侍女やその子孫、養女羽柴完子とその子孫を追いかけています。
ちょこっとものを書かせていただいたり、お話しさせていただくことも。





月別アーカイブ

フリーエリア

メモ「赤石いとこ」名義で記事を書かせていただきました。

悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ) 悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ)(2009/06/06)
…改めて石田三成と茶々姫の“不義”を否定する記事を書かせていただきました。


メモ 参考資料としてご紹介いただきました。

めのとめのと
…茶々の乳母大蔵卿局を主人公描く歴史小説。茶々の祖母阿古の活躍も見どころ。
千姫 おんなの城 (PHP文芸文庫)千姫 おんなの城
…千の生涯を描いた作品。千が見た茶々をはじめとする人々の生き様、敗者が着せられた悪名が描かれる。


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR