fc2ブログ

茶々姫をたどる汐路にて

茶々姫研究日記(こちらが現行版になります)

RSS     Archives
 

咲くときはそれとも見えず山桜…/鎌倉(東慶寺・建長寺)

 
天秀尼を訪ねて、鎌倉へ。

折しも紫陽花の季節、お花をめでる人々にあふれる境内をさまようことになろうとは…
眼福ではありましたが、ゆっくり目的を果たすこともできず、確認したかったことは次回へ持ち越し。
次回はいつになることやら…

とはいっても、大学生の時に親友と訪れて以来なのでおよそ十年ぶりに天秀尼に会いに行ってきました。

茶々姫をたどる汐路にて

明治三十一年に灯篭が奉納されているようなのですが、施主の三宅さんって…
三宅さんと言われると思い浮かぶのは天秀尼の乳母三宅善兵衛の妻ですが…関係あるのかな?

茶々姫をたどる汐路にて茶々姫をたどる汐路にて

墓刻文。

茶々姫をたどる汐路にて茶々姫をたどる汐路にて


「当山の天秀和尚は、豊国の神君(豊国大明神=秀吉のこと)の子である正二位右丞相秀頼公の息女である
松岡山東慶寺に入り、幼くして剃髪。円覚寺黄梅院の古帆周信に参禅した。一時は衰退しかかった寺を再興させた和尚としてその名が伝わる。二月に入寂、釈迦と同じ日に亡くなったことは誠に縁が深い。

小阿子法堯造立施
正保二年乙酉二月七日」
(参考:天秀尼展パネル。そのままではありません)


隣には、話題の天秀尼局台月院のお墓があります。

茶々姫をたどる汐路にて

茶々姫をたどる汐路にて

茶々姫をたどる汐路にて茶々姫をたどる汐路にて茶々姫をたどる汐路にて

「䑓月院殿明玉宗鑑大姉
当山天秀和尚御局
正保二乙酉九月二十三日
正保二乙酉二月七日」

日付が二つ刻まれています。一つは台月院の没日、もう一つが天秀尼の没日です。
台月院は天秀尼逝去の半年後に没していますが、墓所は天秀尼の逝去時に逆修(生前に自ら作ったもの)されたものであるようです。


人出的にアレでしたが、天秀尼展も開催されており、いろいろと久しぶりに見るものもたくさんありました。

茶々姫をたどる汐路にて


・東慶尼寺過去帳
(むしろこれが目的だったのですが、展示されているし、歴代宗主のところしか見えないし…)

・某年八月二十九日付「東慶寺侍者のかた」(天秀尼)宛て澤庵宗彭書状
…天秀尼が参禅しようとして再三入門願いの消息を呈したのに対しての断りの返信。
建長寺の澤庵に参禅を断られ、その後墓碑によると円覚寺黄梅院の古帆周信に参禅したようです。

・伝天秀尼使用百人一首

・豊臣秀頼公息女所持青貝摺文箱

・天秀尼持仏阿弥陀如来立像(堀主水妻なえ〔寿林尼〕の与えられたもの)

特に秀頼供養のための雲板を見ると、幼くして亡くした父への追慕がしみじみと胸に迫るものがあります…
祖母茶々姫が亡父を思い描かせた肖像を見た時と同じ感傷が。


最後に、天秀尼展に出ていた彼女の詠歌を…

咲時はそれともみえず山桜 ふもとにしるき風の色哉

柴の戸を春はにしきぞしきにける 花ふきおろし峯のあらしを



教訓:史跡目当てで6月に鎌倉を訪れたらえらいことになります。


ついでに立ち寄った建長寺唐門(台徳院霊屋廟門)
茶々姫をたどる汐路にて
肝心の仏殿(崇源院霊屋)を撮ってくるのを忘れてる…
スポンサーサイト



Comment

1. 無題

お久しぶりです。

東慶寺、建長寺、英勝寺に行かれたそうですが、英勝寺の近く、薬王寺には、忠長夫妻の供養塔もありますよ。

2013.07.02 | ダイナゴン[URL] | Edit

2. Re:無題

>ダイナゴンさん

お久しぶりです^^
それはぜひお参りしたかったです…
リベンジの際にはぜひ。
がんばって覚えておきます。
いつもありがとうございます!

2013.07.03 | 紀伊@赤石いとこ[URL] | Edit

3. 無題

相模原市の青山忠俊墓所を見たついでに相模線で茅ヶ崎に出て鎌倉にちょっとだけ行き、鎌倉国宝館で細川の姫の画像と鏑木清方記念美術館に行きました。鎌倉駅から帰ろうと思ってたが、混んでる気がして北鎌倉駅にまわりました。途中、思いつき、薬王寺に久しぶりに行きました。
薬王寺境内入ってすぐ、本堂に向かい右側に忠長らの供養塔があります。
久しぶりで、忠長と正室・松孝院織田氏の法名だけと記憶してましたが、実際は二人を含めて八名の法名がありました。時間の都合もあり、後の六名の法名を記録し忘れて恐縮ですが側面に織田氏の意向みたいなことが書かれていたことからして、松孝院織田氏(お昌の方)の身内かも知れません。詳細をお伝え出来ず恐縮です。また、鎌倉に行かれる時は寄って見てください。
他に蒲生忠知の正室と娘の墓所があります。

2013.07.07 | ダイナゴン[URL] | Edit

4. 無題

たびたびすみません、薬王寺のホームページによると

供養塔には、自身の法号を含め、夫・両親・兄弟の法号と、当山第六世圓解院日超の銘と花押。建立年代は明記されていないが、所見から元禄年間と見られる。また、松孝院殿寄進の過去帳台と聲(鳴り物仏具)台は寺宝となっている。

崇源院と織田氏、松孝院との関係を思いおこします。

2013.07.07 | ダイナゴン[URL] | Edit

5. 無題

紀伊@赤石様

咲時はそれともみえず山桜 ふもとにしるき風の色哉

柴の戸を春はにしきぞしきにける 花ふきおろし峯のあらしを

2つの和歌を初めて知りましたが素晴らしい和歌だと思いました。私は文学については素人ですが、百人一首に出ていても不思議ではないような感じです。台徳院霊屋廟門については、芝増上寺から鎌倉に移築したから残ったのでしょうけど芝のままなら他の将軍霊屋と同じ結果になっていたような。なぜか豊国廟の破却を命じた家康を思い出します。

2013.07.08 | 田中[URL] | Edit

    
プロフィール

紀伊

Author:紀伊
茶々姫(浅井長政の娘、豊臣秀頼の母)を中心に、侍女、ご先祖の浅井家女性(祖母井口阿古など)、茶々の侍女やその子孫、養女羽柴完子とその子孫を追いかけています。
ちょこっとものを書かせていただいたり、お話しさせていただくことも。





月別アーカイブ

フリーエリア

メモ「赤石いとこ」名義で記事を書かせていただきました。

悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ) 悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ)(2009/06/06)
…改めて石田三成と茶々姫の“不義”を否定する記事を書かせていただきました。


メモ 参考資料としてご紹介いただきました。

めのとめのと
…茶々の乳母大蔵卿局を主人公描く歴史小説。茶々の祖母阿古の活躍も見どころ。
千姫 おんなの城 (PHP文芸文庫)千姫 おんなの城
…千の生涯を描いた作品。千が見た茶々をはじめとする人々の生き様、敗者が着せられた悪名が描かれる。


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR