fc2ブログ

茶々姫をたどる汐路にて

茶々姫研究日記(こちらが現行版になります)

RSS     Archives
 

阿閉甲斐守宛浅井長政書状

 
長浜城歴史博物館博物館だより 平成24年度新収館蔵資料紹介より

元亀二年五月五日付の書状について。
「浅井長政が家臣の阿閉甲斐守に対して、子息五郎右衛門尉を始め一族が討死にしたことについて慰め、今後、織田信長との戦いが終息したあかつきには、恩賞等を与える旨を述べた感状(感謝状)です。さらに、長政は甲斐守の子息討死につき、阿閉家の跡目を取り立てるべきことを助言しています。」

○阿閉貞征(淡路守)
妻:長政の生母阿古の三妹
子:嫡子(「人質男小谷ニ於テ生害、年十歳、阿閉カ実子也」)、貞大
養子:虎千代(井口経親子息)

○阿閉貞大(万五郎、淡路守)
妻:阿古の兄井口経親の娘

阿閉氏についてちょこっと調べた中で何かヒントがあるかと思いましたが、わかりませんでした…
「甲斐守」、「五郎右衛門尉」という呼称は出てきませんでしたが、長政が直々に感状を出しているということは本流に近い人なのだろうなあとしか…
どちらにしろ、阿閉氏は後に秀吉に一族根絶やしにされてしまっているのですが…

追記:
史料編纂所のサイトによると、菅浦文書に阿閉吉長という人が見えるらしい…
スポンサーサイト



Comment

1. 無題

紀伊@赤石様

田中でございます。最近、徳川将軍家の18代目で現当主の徳川恒孝氏が書かれた「日本人の遺伝子」という本を読みました。豊臣家は公家か武家かそれとも武家関白家かというはっきりしない所ではあるとは思いますが、徳川氏の本を読み、なるほど徳川氏は名実共に武家であり豊臣家はどちらかというと公家なのかなという印象を持ちました。地球の成り立ちから日本人のまさに遺伝子的な構成、現在の日本の様子等を学者のように分析されているので、私なりには面白いと思いました。世が世なら武家の棟梁という方はこのような見方で日本を見ているのだなと感じられる本でした。

2013.06.09 | 田中[URL] | Edit

2. 無題

紀伊@赤石様

田中でございます。上記の内容とは関係ないですが、ここに書かせて頂きます。東慶寺に行かれたとの事ですが、6月は暑いということでしょうか。2月と6月に茶室が開かれているので前は庭を見ながら一服頂いていたのですが、最近は抹茶入りのペットボトルがあるので茶室にはあまり行ってはいないです。通信に関しては、私が使っている某通信キャリアでは問題なく使用ができます。それと道は源頼朝が攻められにくいように選んだ立地ですからあの狭さは変わらないでしょう。私は6月半ばに大阪、京都、兵庫に行き、大坂城にも立ち寄ったのですが、本丸周辺に大坂の陣400年というのぼり旗が立っていました。大阪城天守閣・大坂の陣400年プロジェクトと旗に書いてましたので何をプロジェクトしているのかわからないですが、一つの節目ではあります。それと関西は若干暑いのかなという印象でした。途中で滋賀県大津周辺で偶然に政所茶という石田三成が太閤秀吉公に献じたエピソードで有名なお茶があったので購入したのですが、まだ味はわからないですが関心の高いものではあります。

2013.06.24 | 田中[URL] | Edit

3. Re:無題

>田中さん

暑いのではなく、紫陽花を始め花の盛りで、鎌倉は一年で一番観光客が多いそうです。
史跡目的でゆっくり見たい場合にはとてもお勧めできません。
携帯もキャリアを変えるつもりは全くないので、こればかりはこちらが覚悟の上で行くしかないですね。
大坂の陣400年は私にとっても一つの区切りと思ってきた年なので、いろいろ感慨深いです。

2013.07.03 | 紀伊@赤石いとこ[URL] | Edit

4. 無題

紀伊@赤石様

ついでですが、上記の徳川将軍家の18代目で現当主の方が本で書かれていましたが、やはりというか何と言うか大阪は何となく居心地のよろしくない場所であるそうです。

2013.07.13 | 田中[URL] | Edit

    
プロフィール

紀伊

Author:紀伊
茶々姫(浅井長政の娘、豊臣秀頼の母)を中心に、侍女、ご先祖の浅井家女性(祖母井口阿古など)、茶々の侍女やその子孫、養女羽柴完子とその子孫を追いかけています。
ちょこっとものを書かせていただいたり、お話しさせていただくことも。





月別アーカイブ

フリーエリア

メモ「赤石いとこ」名義で記事を書かせていただきました。

悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ) 悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ)(2009/06/06)
…改めて石田三成と茶々姫の“不義”を否定する記事を書かせていただきました。


メモ 参考資料としてご紹介いただきました。

めのとめのと
…茶々の乳母大蔵卿局を主人公描く歴史小説。茶々の祖母阿古の活躍も見どころ。
千姫 おんなの城 (PHP文芸文庫)千姫 おんなの城
…千の生涯を描いた作品。千が見た茶々をはじめとする人々の生き様、敗者が着せられた悪名が描かれる。


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR