PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鍋島光茂生母松平牟利/利(千姫侍女小督局息女)

母は千附き侍女小督局(妙源院、藤本誓宗女)。
千が大坂城を退く際に同行した。
その後、松平忠明が家康に請い、小督局を妻とする。

元和三年十一月十五日大坂で誕生、名は利(「龍​造​寺​並鍋島家​譜」)、もしくは牟利(「鍋島家​譜​ ​(​肥​前​蓮​池​)」)

寛永七年、鍋島光茂に嫁ぐ。

寛永九年五月二十三日、江戸にて嫡子翁助(のちの光茂)を出産。
なお、女子も一人いたらしい(「鍋島直重家譜」)

寛永十二年正月、夫忠直死去。忠直の弟直澄に家督をゆずらんとし、牟利は義弟直澄に再嫁する。
しかし家中の反発が強く、結局翁助が家督を継ぐこととなる。
利が輿入れした時から附き従っていた小倉殿(利の母方の伯母。藤本誓宗女)、これに反発し、牟利のもとを離れ、翁助附きとなりその養育にあたったという(『葉隠』)。

寛永十二年十一月、光茂に伴って家光にまみえる。

寛永二十年正月十八日、直澄との間に嫡男千熊丸(のちの直之)を産む。

正保二年一月二十七日、江戸麻布屋敷で没。恵照院殿心月妙泉大姉(「龍​造​寺​並鍋島家​譜」)、慧照院心月妙泉(「鍋島家​譜​ ​(​肥​前​蓮​池​)」)。
肥前慶誾寺に葬られ、のちに蓮池宗眼寺に改装される。
スポンサーサイト

| ∟史料関係 | 21:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1. 忠直女光茂妹

娘の名前は亀姫だと思います。

|                                          | 2013/02/12 22:41 | URI | ≫ EDIT

ありがとうございます

お返事遅くなり申し訳ありません
御教示ありがとうございます。

| 紀伊 | 2016/11/04 15:09 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://chachahimeblog.blog.fc2.com/tb.php/1059-b2a54f8d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT