FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大蔵卿局屋敷・大野弥十郎屋敷

大蔵卿局邸(大坂)

『摂津名所図会大成』によると、「大蔵局邸跡」の項があります。
曰く、「中濱村にあり今田岡の字に大蔵という伝云」とあり、現在の大阪府大阪市城東区中浜に邸があったようです。
近くに白山神社があり、摂社の稲荷神社が大蔵卿局屋敷の邸内鎮守であったとあります。
『摂津名所図会大成』で「大蔵局」を「木村重成の母にして後に秀頼公の(傅母なりと)伝ふ」と誤記されていますが、こちらは今更訂正するまでもありません。

大野弥十郎屋敷(江戸)

『武功雑記』に、「(大野)弥十郎屋敷ハ今ノ雉橋ノ御倉也」とありました。
「雉橋」を調べてみましたが、江戸城の雉橋門の辺りでしょうか。

弥十郎は大野治長の次男で、大坂方の人質として徳川方に差し出されました。
しかし結局、東西手切れとなり、弥十郎は父や祖母に送れること三月半、八月二十五日、下谷海禅寺で刑死しました。

兄信濃守治徳との混同が見られますが、その年は人質に出たとき十七歳であったとあります(『駿府記』、『大坂冬陣記』)ので、亨年は十八歳。『大坂冬陣記』曰く、乳母が弥十郎に付き添っていったとあります。
スポンサーサイト



| ∟旧跡だより | 01:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1. 大蔵卿局屋敷・大野弥十郎屋敷

紀伊@赤石様
京都府京丹後市大宮町の大野神社案内板によると、秀吉公は大野道犬とその妻大蔵局に一万石余を与えたとあるので、大蔵卿局の領地が数百から数千石であったとしても十分な旗本クラスですが、徳川方に味方すれば、江からは淀殿から離れた乳母ということでどうなのかと思われるのでしょうけど領地は安堵されるはずの中で、淀殿に最後まで従ったのは大蔵卿局の生き方なのでしょう。大野治長も大蔵卿局を豊臣家に残して徳川方として大野家を大名家として存続させることができなかった、もしくはしなかったのですからそれも大野治長の生き方と思いました。

| 田中 | 2012/05/26 12:05 | URI | ≫ EDIT

2. Re:大蔵卿局屋敷・大野弥十郎屋敷

>田中さん

徳川方には次男治純(壱岐守)がいましたし、孫の弥十郎も人質として江戸にいました。
おまけに、孝蔵主が豊臣から徳川へいったことを考えると、人質としてでも、もしくは自ら大蔵卿局が徳川方に行くことは決して不可能なことではなかったと私も思います。
そこは母子の絆に勝るとも劣らない乳母と養い君の絆、そして大蔵卿局の信念・矜持だったのでしょうね。

| 紀伊@赤石いとこ | 2012/06/02 01:41 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://chachahimeblog.blog.fc2.com/tb.php/1045-e2716c20

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT