fc2ブログ

茶々姫をたどる汐路にて

茶々姫研究日記(こちらが現行版になります)

RSS     Archives
 

豊臣国松を守った女性たち

 
井上安代氏の『千姫』を読んでいて、国松の戒名について考えました。

同書では、東慶寺で妹の天秀尼が「漏世院殿雲山智西大童子」という国松の戒名に「漏」→「満」、「西」→「清」特に二字諡号して「満世院殿雲山智清大童子」として慰霊しているという旨の記述があります。

もちろん、そもそもの「漏世院殿雲山智西大童子」という戒名を授けたのは誓願寺であり、国松の遺体を引き取った龍との関わりはいまさら言うまでもありません。
国松の供養に関わる事柄から、私は龍こそ国松の養育に大きく関わっていたのではないかと考えていました。

しかし先日常高寺に参拝した際、過去帳で国松の戒名を拝見すると「満舩院殿雲山知清大童子」となっていました。これを見て、やはり常高院(初)と国松の関わりは大きかったのだと思い改めました。
もちろんベースは誓願寺の戒名ですが、東慶寺で諡号されたとされる戒名との関連性も見られます。どちらが先であったかは断言できませんが、戒名だけ見ると東慶寺の諡号が先のようにも思えます。ただ、二人の年齢からして、常高寺のほうが先でしょうか。ただ、常高寺の建立と常高院の死が前後するので、戒名は常高寺が出来る前、常高院による供養の際諡号されていたのではないかとも思えます。

他に、趣を異とする戒名で「向陽院梅蕚童子」というのがあります。これは、秀吉の姉日秀による諡号で、日秀は秀頼、茶々にも全く異なる戒名を諡号しています。
お話を伺うと、日秀は縁者を分け隔てなく供養していたとのことですが、もちろんそのような方であっただろうことは否定するところではありません。ですが、個人的には本当に直接秀次の自害に茶々が関わっていたならば、さすがにそんな人物を懇ろに供養するだろうかと思います。
秀頼・国松という直系の男子だけならばまだしも、茶々をも供養している点においては、茶々の豊臣家での立場を思わせるところですし(少なくとも単なる「愛妾」では国松の母同様に供養されなかったでしょう)、日秀の茶々に対する意識を偲ばせます。
『幸家公記』では日秀が頻繁に孫の完子を訪ねている様子が見えます。日秀は秀勝を鍾愛していたといいますから、秀勝の一人娘である完子を何くれとなく可愛がったでしょう。秀勝の死後、完子を養育したのは茶々です。茶々が秀次の自害に関わったという話が後世作られた俗説であるばかりでなく、完子の成長を挟んで交流があったのではないでしょうかと私は思います。
これも、秀次と茶々は対立する立場にあったとする先入観による見落としなのではないでしょうか。

国松の乳母は『大坂陣山口休庵咄』曰く、砥石屋弥左衛門の姉妹で後家であったといいます。
彼女は大坂の陣まで内外に秀頼の子であることを秘して養育に努め、『武辺雑談』においては国松を辱める井伊直政を非難した勇敢な女性として登場します。また、死に臨んで勇敢であった国松を見る限り、彼を育てた乳母の賢明さも偲ばれます。
その夫について、『元寛日記』や『塩尻』では乳母が真野豊後守家人坂部(元「坂邊」)彦助の後家であると名乗っています。
真野豊後守は真野頼包のことで、秀頼の侍女である青柳(木村重成の妻)の父です。青柳は大蔵卿局の姪ということから、大蔵卿局は真野家出身かもしれないということをサイトで触れていますが、この乳母が大蔵卿局の縁で選ばれたとすれば、その可能性も一層強まったと言えるかもしれません。
千以外に秀頼の嫡子が生まれることを良しとしなかった茶々ですが、常高院に預ける際、この乳母をつけて送りだしたことに初孫である国松に対する憐れみを感じます。

話がずれました。
戒名と言うのはまだまだ不勉強ですが人物像や人間関係までもが垣間見えて面白いですね。

茶々姫をたどる汐路にて
旧豊国神社・太閤坦にある龍〔右〕、国松〔左〕の墓。もとは誓願寺竹林院にあったそうです。
元和元年、龍が国松の遺骸を引き取り供養し埋葬した際、自身の墓碑を逆修したものと思われます。
スポンサーサイト



Comment

1. 国松

こんばんは。
別冊歴史読本 豊臣秀吉所収
豊家の血統と秀吉 桜井成広著
によると、静岡市華陽院由緒書きに、国松生存説があるそうです。
 華陽院って、旭の寺でしたっけ。

2011.11.02 | k2[URL] | Edit

2. Re:国松

>k2さん

こんばんは。コメントありがとうございます。

『華陽院由緒書』は未見なのですが、それを出典にしている『駿国雑志』の記述で出家説を拝見したことがあります。
そういえば華陽院は家康縁の寺院なんですね。調べてみたら家康の祖母の富の菩提寺だそうです。
そのような寺に国松が出家した説があるのは不可思議です。
とはいえ、国松の弟といわれる人も増上寺で僧侶になっていましたが…

何かでこれは国松ではなく、大坂方の遺児ではと推考されているものを見た覚えがあるのですが、思い出せません。
(ただ『駿府雑志』では「国松殿」と明記されていましたが…)

2011.11.04 | 紀伊@赤石いとこ[URL] | Edit

    
プロフィール

紀伊

Author:紀伊
茶々姫(浅井長政の娘、豊臣秀頼の母)を中心に、侍女、ご先祖の浅井家女性(祖母井口阿古など)、茶々の侍女やその子孫、養女羽柴完子とその子孫を追いかけています。
ちょこっとものを書かせていただいたり、お話しさせていただくことも。





月別アーカイブ

フリーエリア

メモ「赤石いとこ」名義で記事を書かせていただきました。

悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ) 悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ)(2009/06/06)
…改めて石田三成と茶々姫の“不義”を否定する記事を書かせていただきました。


メモ 参考資料としてご紹介いただきました。

めのとめのと
…茶々の乳母大蔵卿局を主人公描く歴史小説。茶々の祖母阿古の活躍も見どころ。
千姫 おんなの城 (PHP文芸文庫)千姫 おんなの城
…千の生涯を描いた作品。千が見た茶々をはじめとする人々の生き様、敗者が着せられた悪名が描かれる。


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR