fc2ブログ

2019年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

熊野那智大社

熊野那智大社 宝物殿
・豊臣秀頼奉納 ・鰐口 「熊野那智市?野王子慶長六辛巳十一月日/豊臣朝臣秀頼公御寄付御奉行鈴木与作」
・硯箱

posted at 12:03:11


解説「那智山と豊臣家」要約① 天正九年の戦火で山内の堂宇が焼失、その後天正十五年から豊臣秀長を願主として復興造営が行われる。慶長八年まで十六年を要した復興造営は秀長から秀保、その後秀頼に引き継がれ、社殿、本堂、仁王門、市野々井王子、振枷瀬橋などが完成した。

posted at 12:03:12


解説「那智山と豊臣家」要約② 社殿完成時に納められた神像十五体も完具で伝わる。 熊野那智大社本殿(拝殿後方)と、青岸渡寺本堂は桃山時代の建造物として国の重要文化財に指定。

posted at 12:03:12

スポンサーサイト



| ∟旧跡だより | 15:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

熊野本宮大社

熊野本宮大社 宝物殿①
慶長十七年奉納 ・銅鍍金釣燈籠 当初十二対あったが、現存するものは一基のみ
慶長十八年奉納 ・銅鉢
慶長十八年奉納 ・神額 「日本第一大霊場所 根本熊野三所権現 豊臣秀頼」
秀頼ゆかりの品それぞれに『秀頼卿御再興』の銘あり pic.twitter.com/C2kYGtBfM6


posted at 14:53:57


熊野本宮大社②
秀頼が大檀那、浅野幸長を造営奉行御殿として社殿を造営。 慶長十七年着工、十九年三月竣工 当時は神仏習合の社で、阿弥陀如来を本尊とした 江戸期社殿は大火で焼失したが、現存している燈籠等は火災を逃れたもの

posted at 14:53:58

| ∟旧跡だより | 15:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |