2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

[Twitter]明石掃部家

@annzuame55 なるほど、確かにレジイナで二人は繋がってるんですね。大檀那の生母であるにも関わらず医王寺過去帳にも名前が見つけられませんでした。離別か政盛をうんだときとか、ものすごく早くに亡くなったのでしょうね…


posted at 13:28:56


@annzuame55 はじめまして!海津局への思い入れに共感できる方は初めてで嬉しいです(*^^*)最近は明石掃部の女に関心があるので、いろいろ教えてください♪あと、HPは最近あまり触ってないので、情報が古いですゴメンナサイ…


posted at 12:50:56


『柳営婦女伝系』コピー中。岡平内の妻が明石全登の娘らしいです。これはカタリナかな?レジイナかな?レジイナの嫁入り話(茶々姫に気に入られて、婚礼の世話をしてもらうことになっていたという話)を考えると、こちらがカタリナのような気がします。


posted at 18:27:03

スポンサーサイト

| ∟つぶやきまとめ | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[Twitter]ヨハンナ

小野木公知(重勝)の妻ヨハンナが歌道の上手として豊臣家の奥御殿に仕えていたらしい。この人は公卿の女とのこと。重勝の妻は島左近の女ってことになってるけど…


posted at 01:42:37

| ∟つぶやきまとめ | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東寺再興にみる秀頼と寧の関係

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年も今まで通りマイペースに続けていきますので、なにとぞよろしくお願いします。

新年早々、京都に行きまして、その時久しぶりに東寺へ参拝しました。
その時図録を購入して、東寺再興についていろいろ棟札を見ることができました。
以下忘備録です。

茶々姫をたどる汐路にて


○講堂(写真左)

文禄の大地震で転倒したものを、寧が大檀那となり慶長三年に修築。
棟札曰く、秀吉の朝鮮出兵の際、その戦勝祈願として寧が建立を沙汰したとある。


○南大門

文禄の大地震で転倒したものを慶長九年に秀頼が大檀那となり再興した。奉行は文殊院勢誉。
現在の南大門は蓮華王院の西門を明治二十八年に移築されたもので、慶長六年に建立されたもの(棟札の写しあり)。

○金堂(写真右)

文明の土一揆で焼失したものを、秀頼が大檀那となり、慶長八年再興。同十一年に落慶供養。
奉行は木食応其、のち文殊院勢誉。

『義演准后日記』の慶長七年九月朔日条に、東寺金堂棟札の草稿があり、慶長七年九月三日付となっている。
実際の棟札は秀頼奉行片桐且元の名で、慶長八年五月付となっている。


○東大門(不開門)

慶長十年九月吉日付の棟札に、秀頼(「秀頼郷」)と寧(「北政所」)が施主として記されている。
なお、秀頼の奉行は片桐且元、寧の奉行は孝蔵主とある。


(メモ)

秀吉が生前、寧が協力し、木食応其が奉行となり東寺の再建するよう命じた旨が書かれた五奉行の連署状が東寺に残されている。
実際にその端緒となった講堂再建は、慶長三年八月に寧より木食応其に建立料が下されている。

慶長十年の東大門再興では秀頼と寧が連名で施主となっている。
寧から秀頼に権力が移行したというよりも、秀頼が施主となっている金堂や南大門の再興においても、寧が後ろ盾となり、秀頼が施主として成り立つように計らったのではないかと考えられる。

| ∟旧跡だより | 23:21 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |