2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

出雲大社

慶長十四年七月に秀頼の名前で遷宮が行われたところ。
慶長拾余年といえば、秀頼は数えて十七歳。秀吉の遺言によれば、十五の年に成人を迎えた後に行われたもので、遷宮の主体は茶々と言ってしまってもいいものか微妙な時期です。

神在祭のこの時期に参拝したのですが、お参りもそこそこに宝物殿へ入り浸り。


○銅製鰐口(重要美術品)

 →画像

上部:「出雲/大社」
右方:「正二位右大臣豊臣朝臣秀頼公辰御再興也」
左方:「御奉行堀尾帯刀佐吉晴慶長十二二(十四)年七月吉日」

(解説文)

 鰐口とは、社寺の軒先に懸け、拝礼のとき前面に垂らした綱でこれを打ち鳴らすもの。その形状は中空の扁平円形をなし、「鰐口」という名称は下方に横長の口が大きく裂けている様に由来する。
 本品は青銅鋳造の大型鰐口である。撞座(つきざ)には二条の圏線をめぐらし、その中央には子持ち八葉蓮弁の蓮華を陽鋳している。
 この外区の上部両耳の下に、「出雲」、「大社」また右方に「正二位右大臣豊臣朝臣秀頼公辰御再興也」、左方に「御奉行堀尾帯刀佐吉晴慶長十二二年七月吉日」とその奉納の趣旨と年記を陰刻している。
 つまり、慶長十四年(一六〇九)遷宮に際し、豊臣秀頼の命を奉じて奉行の堀尾吉晴が奉懸したことが知れる。

(感想など)

時期的にいえば、慶長五年前後の寺社再興の波とは外れた時期であり、また秀吉の遺言した秀頼の成人年齢(十五歳)をすぎて行われた遷宮を証明する鰐口です。
両手で抱えるほどの大きさで、はっきりと銘が読めました。
当時秀頼が畿内を超えても影響力があったという証拠の一つとしても良く登場します。

なお、奉行の堀尾吉晴は、関ヶ原合戦後出雲の国主となった武将だそうです。


○豊臣秀吉佩刀(重要文化財)

画像

(解説より)

j鎌倉時代・中期
西暦 十三世紀中

銘 備前長船住光忠
長さ 二尺二寸七分(六八、八センチ)
反り 七分(二、一センチ)

光忠は、備前長船派の巨匠。
慶長十四年(一六〇九)の造営遷宮の際に、豊臣秀頼が奉納した。

(感想など)

慶長十四年までは秀頼のもとにあった秀吉の佩刀。
刀としてもかなり由緒正しいもののようで、実際に秀吉のものだったのだろうということが偲ばれます。

大坂の秀頼と茶々、京都の寧を対立関係にとらえる方は、よく秀吉の身に着けていたものは寧が京都へ持ち出した、という言い方をされますが、大坂方にも秀吉の遺品はあったわけです。
寧が持ち出したのではなく、単に形見分けが行われたにすぎず、大坂方に残されたものの多くは戦火に焼かれてしまったというのが真相ではないでしょうか。
スポンサーサイト

| ∟旧跡だより | 23:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[Twitter]二尊院、清涼寺

康道・光平夫妻のお墓とか、正栄尼のお墓とか、大蔵卿局夫妻の供養塔とか、ネタは割とあるのです。次時間取れるのはいつかなあ(涙)


posted at 04:30:29


慶長十三年八月二十一日に亡くなっている「二条殿姫君」養雲院殿は、昭実の娘?そして寛文四年十月二十一日に亡くなっている「二条殿母君」芳招院は誰の母?この時期の「二条殿」は光平なんだけど、光平の生母は康道室貞子内親王というのが定説…。ちなみに貞子内親王は貞了院で、延宝三年没。


posted at 01:47:47

| ∟つぶやきまとめ | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安養院 ~称専院九条八代姫(九条道房五女、浅野綱晟室)

先日、完子の孫姫、八代の墓所へお参りしてきました。

茶々姫をたどる汐路にて

「称専院殿心誉誓空大姉尊儀 延宝七巳未年暦 四月十三日」 
境内には「称専院殿」と刻まれた八代寄進の燈籠も。

茶々姫をたどる汐路にて

傍らには侍女の墓と考えられている六基の石仏(女性のものと思われる戒名と没日が刻まれていますが、はっきり読めるものから全く消えてしまっているものまで現存具合はそれぞれ)のほか、「法雲院」と「光心院」という二人の墓所が手厚く供養されていました。

特に法雲院(元禄五年九月十二日没)の墓は他と違い、身分の高さを感じさせるものでした。
戒名も他二人とすこしちがっていたので、本多忠常に嫁いだ娘の豊(初め犬。婚礼時に改名)かな?と予想していますがまだ確認できていません。

初め、「芳雲院」こと八代の姉、寵の墓所かと疑ったのですが、没年が八代より遅いんですよね。

| ∟旧跡だより | 03:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

徳川家定上臈歌橋

さらに話はそれますが、先日江の宮殿が発見された祐天寺にお参りしてきました。

茶々姫をたどる汐路にて

江の宮殿自体はもともと宝台院にあったものが祐天寺に移されたということで、これといって江にゆかりのあるものがあるわけではありません。
ただ、徳川に深いゆかりのある寺院なので、徳川綱吉と大典侍局の養女、竹姫(浄岸院)が寄進したという阿弥陀堂や仁王門、徳川家宣御台所近衛煕子(天英院)が寄進した梵鐘などが見どころでしょうか。

墓地には大正天皇のご生母のお墓もあります。
また、徳川家定の乳母とされる歌橋の墓所にお参りしたので、今回は少しそのお話を。

茶々姫をたどる汐路にて
(悪天候・逆光により見づらい画像となり申し訳ありません)

(表面)
「法好院殿蓮誉寿光操心法尼」

(側面)
「文化四年三月二十一日生
 明治十年九月九日逝」

「藤波正二位行神祇大副
 大中臣朝臣寛忠卿息女
 大城之大上臈歌橋」

祐天寺で家定の乳母歌橋のお墓を見つけた。wikiで生没年不詳になってるけど、銘によると文化四年三月二十一日生まれで、明治十年九月九日没。公卿藤波寛忠の息女らしい。法好院殿蓮誉寿光操心法尼。 http://t.co/2ys3mgxm

posted at 09:55:37

同墓地にあと二人埋葬されているらしい。明治十六年八月二十八日に亡くなっている。この人は家斉息女に仕えていたらしい。同じく藤波寛忠の息女とある。藤波と号して、諱は岩倉藤子といったらしい…。岩倉家へ嫁いだ?心月院殿澄誉清林祐岩法尼。

posted at 10:00:27

もう一人は、清心院殿円誉皎月智鏡法尼。この人は大正四年十二月八日に亡くなったことしか書かれていない。…が、藤波家の所縁なのだろうなあということがなんとなく察せられる。

posted at 10:03:32


(※例によって、誤字、変換ミスなど修正してあります)

| ∟よしなしごと | 23:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |