| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

国松伝説と茶々の櫛箱

国松伝説と茶々の櫛箱 www.e-bookland.net/campaign/otaka…


posted at 00:01:05

スポンサーサイト

| ∟関連サイト | 19:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

安心の跡部先生

安心の跡部先生( ; ; )/【関西の議論】「高慢ちきな嫌な女」淀殿の“悪女伝説”覆す史料見つけた…来年のNHK大河ドラマで“名誉回復”!? www.sankei.com/west/news/1504…


posted at 17:20:02

| ∟関連サイト | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

六本木朝日神社・清心尼

@dainagongusa こんなの見つけました www.asahi-jinjya.com/asahi.html


posted at 17:00:48



| ∟関連サイト | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茶々姫と善光寺

茶々姫をたどる汐路にて
(画像はしなちくにゃんこさまよりお借りしました)

いつもブログでお世話になっているしなちくにゃんこさんが、長野の善光寺に参拝されたということで、ブログに記事をアップされていらっしゃいます。

そちらで、茶々姫(「秀頼公御母堂淀殿」)の手跡を見つけられたとのことで、ぜひうちのブログでもしなちくにゃんこさんの記事を紹介させてくださいとお願いしたところ、快く了承してくださいました。
おまけに、画像を転載してもよいとのお言葉に甘えて、画像をお借りしております。
ありがとうございました。

善光寺と茶々姫の関係は、慶長五(1600)年に秀頼の名前で本堂を修築しております。但し、寛永十九(1642)年に焼失したため現存しません。
豊臣家との関係でいうと、秀吉が慶長三(1598)年に地震で倒壊した京都大仏殿に善光寺如来を遷座させようとしたらしいです。
(奇しくも、k2さんのブログでも督(江)の岐阜出生説に関連して善光寺さんをとりあげていらっしゃいました。)
畿内の寺社を中心に修築している秀頼と茶々姫ですが、この善光寺さんに特別な思い入れがあったのでしょうか。それとも秀吉時代からの事業の継承でしょうか。

それにしても、やはり女人の書は難しい…どこから手を付けていいものやら、くずし字辞典を片手に途方にくれております…
大学生に戻りたい…(´・ω・`)

→*善光寺・淀殿書状|Tour Bus Guide☆しなちくにゃんこのファイトだ英語とダイエット
(リンク先は音楽が流れます。音量にご注意くださいませ)

| ∟関連サイト | 14:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浅井久政夫人画像…!?

気分転換に、ふと史料編纂所のホームページデータベースを見ていたら…


茶々姫をたどる汐路にて


浅井久政夫人画像…だと…


持明院蔵ということですが、

確かに、高野山で茶々姫は阿古さんの供養もされています。

阿古さんの画像が存在するのでしょうか…

もしくは「した」のかも知れません。

(ひょっとしたら一緒に供養されている万福丸の画像もあったのだろうか…)


一応こちらに明記されている出典元を確認してみますが、どちらも画像は掲載されていないということですので…

阿古さん好きなので、あるのならば是が非でも見てみたいです!


また試験どころじゃなくなったぜ…

| ∟関連サイト | 17:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT