fc2ブログ

茶々姫をたどる汐路にて

茶々姫研究日記(こちらが現行版になります)

RSS     Archives
 

祖母と弟と

 
やる気と気力があるうちに。
またもやちょこっとずつですが地道に更新しました。

『お湯殿』の秀頼元服寸前までと、

茶々姫の祖母阿古、同じく弟の万寿丸(正芸)に関する記事をいくつか。

伝承を扱うのは難しいですね。
鵜呑みにするわけにはいかないから、曖昧な言い回し(「~という」とか「~と伝わる」とか)しか出来ないけれど、伝承の中に真実があるかもしれない…という思いも棄てきれず。

こういうところが取り除ききれない「私のフィルター」なんですねえ。
 

またもや三週間ぶりです(吐血)

 
義演さんの慶長三年を更新しました。

この三週間、夏の趣味人の祭典やらなんやらであまり更新が進みませんでした。反省。

例によって慶長五年周辺は更新すべき記載が多いことが予想されますので、半年ずづでもちょこちょこやっていきたいです。

今、改めて義演准后日記を読んでいるのですが、
最初の方って義演がすごく秀頼を微笑ましく記録していてほくほくします。

醍醐の花見の翌日、義演が伏見城に行ったときには、
「なんと秀頼様から直接手渡しでお菓子を頂いてしまった!」
と書いてあって、にやにやしてしまいました。

ちなみにこの日の日記では、
秀吉の留守にも関わらず、若干五歳で公家武家門跡による中納言就任の祝賀を堂々とうけるお拾さんを心から絶賛している義演さんの記事が読めますv


ちなみに、歴史創作では大坂の陣にまつわる三十二義士周辺のSS本(慰霊宴のまとめ)、茶々姫祖母の阿古さんについての本を出版しました。
歴史創作に寛容な方はよろしければ…
http://citron-key.sakura.ne.jp/kagami/asahi.html (別窓/歴史創作サイト『あさひのかけら』内へ)
 

二週間ぶりの更新です

 
ついこの間手に入れた孝亮さんの日記を、
今のところアップできている範囲であげてみました。

…それにしても、あたりまえですけどどの史料を扱っても慶長五年は細かくてちょっと更新がうっとおしくなります(苦笑)
 

ちょっとでごめんなさい。

 
今週は週末に仕事があるので、慶長四年(しかもほとんど言経)だけでごめんなさい。

どうやらあす天涯の貴妃のDVDが届くそうな。

茶々-天涯の貴妃(おんな)- 通常版茶々-天涯の貴妃(おんな)- 通常版
(2008/06/21)
和央ようか寺島しのぶ

商品詳細を見る


連日の残業も多分今日で終わりなので、慰霊宴の冊子の修羅場をまい進しながらじっくり観よう。
 

旧暦五月八日に

 
今日は『言経卿記』を中心に更新しています。
よろしかったら覗きに来てくださいね♪


さて、先週職場で売れ残っていた小菊を購入してきました。



ほとんど家に居ない私に買われても花が可哀想と思って買わないつもりだったのですが、
そういえば姫の命日(新暦六月四日)ではないか…と思い。

ペットボトルを切っただけのちゃちい花活けではありますが…
プロフィール

紀伊

Author:紀伊
茶々姫(浅井長政の娘、豊臣秀頼の母)を中心に、侍女、ご先祖の浅井家女性(祖母井口阿古など)、茶々の侍女やその子孫、養女羽柴完子とその子孫を追いかけています。
ちょこっとものを書かせていただいたり、お話しさせていただくことも。





月別アーカイブ

フリーエリア

メモ「赤石いとこ」名義で記事を書かせていただきました。

悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ) 悲劇の智将 石田三成 (別冊宝島1632 カルチャー&スポーツ)(2009/06/06)
…改めて石田三成と茶々姫の“不義”を否定する記事を書かせていただきました。


メモ 参考資料としてご紹介いただきました。

めのとめのと
…茶々の乳母大蔵卿局を主人公描く歴史小説。茶々の祖母阿古の活躍も見どころ。
千姫 おんなの城 (PHP文芸文庫)千姫 おんなの城
…千の生涯を描いた作品。千が見た茶々をはじめとする人々の生き様、敗者が着せられた悪名が描かれる。


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR